秋葉原の癒し空間 柳森神社参拝

所用で秋葉原へ。

隙間なく立ち並ぶ建物たちの先に、ぽっかりと空が見える場所を発見しました。

行ってみると、そこには神社が。

今回は、期せずして出あった神社のお話です。

 

 

柳森神社

その神社は、神田川のほとりにありました。

f:id:nekoashifumino:20190426104645j:plain:w600

柳森(やなぎもり)神社です。

なんの前知識もなく偶然に遭遇したため、心の中で「やなもり神社?」と読んだ私。

失礼しました!

f:id:nekoashifumino:20190426104821j:plain:w600

身を清めたら、いざ参拝!

 

おたぬきさま

鳥居の右側に、謎の何かが…

f:id:nekoashifumino:20190426104711j:plain:w600

「福寿 たぬき尊像」とあります。

f:id:nekoashifumino:20190426104833j:plain:w600

おきつねさま、ではなくて、おたぬきさま!?

不思議に思いつつ鳥居をくぐると、こちらはおきつねさまが。

f:id:nekoashifumino:20190426104909j:plain:w600

謎は深まる一方ですが、お稲荷さんにとりあえず参拝。

 

福寿神

お稲荷さんの右手に、小さなお社を発見。

f:id:nekoashifumino:20190426104920j:plain:w600

やっぱりおたぬきさま。

f:id:nekoashifumino:20190426105151j:plain:w600

こちらにも。

f:id:nekoashifumino:20190426105144j:plain:w600

これは、いったい?

おたぬきさん 福寿神御由来

江戸開府以来、年とともに諸制度も完備して、ようやく泰平の世を迎えた五代将軍綱吉公の御代、将軍の御生母桂昌院様によって、江戸城内に福寿いなりと称して創建された。

桂昌院様は京都堀川の生まれ、八百屋の娘が春日局に見込まれて、三代将軍家光公の側室となり、五代将軍綱吉公の御生母となる。

多くの御女中衆は、他を抜いて(たぬき)玉の輿に乗った院の幸運にあやかりたいと、こぞってお狸さまを崇拝したという。

後世、元倉前甚内橋際、向柳原の御旗本、瓦林邸内に祠を移し祭祀されるようになり、明治二年現在の柳森神社に合祀されました。

開運、諸願成就の福寿神として、ことに近年は他を抜いて受験、勝運、出世運、金運向上などにご利益があると信奉されております。

なお当社において頒与する「おたぬきさん」と呼ばれる土製の親子狸のお守りは、素朴でたいへん愛されております。

(境内案内板より)

元は江戸城内にあったものだったとは。

のちに江戸城内からお旗本のお屋敷へ、そして明治になって柳森神社へお引っ越しされて現在に至るのですね。

だから、おきつねさまと、おたぬきさまが、おられるのか…

なかなか興味深い歴史です。

 

柳森神社の境内社

柳森神社の敷地はそこまで広くはないのですが、境内社がたくさんあります。

f:id:nekoashifumino:20190426105213j:plain:w600

金比羅宮。

水神厳島大明神・江島大明神。

f:id:nekoashifumino:20190426105253j:plain:w600

小さな龍神様がおられました。

f:id:nekoashifumino:20190426105258j:plain:w600

明徳稲荷神社。

f:id:nekoashifumino:20190426105303j:plain:w600

秋葉大神。

 

柳森神社の御朱印

御朱印の看板を発見!

f:id:nekoashifumino:20190426121222j:plain:w600

なんと、セルフサービスです。初穂料100円をお賽銭箱へ入れて…

f:id:nekoashifumino:20190426121230j:plain:w600

この箱を開けると…

f:id:nekoashifumino:20190426121240j:plain:w600

御朱印が!

この日は残念ながら、御朱印帳を携行していなかった私。

まさかのセルフサービス方式に後ろ髪を引かれつつ、神社を後にしたのでありました。

 

柳森神社を参拝して

私が柳森神社を訪れたのは、雨の日でした。

f:id:nekoashifumino:20190426104857j:plain:w600

新緑と鮮やかなつつじが雨に濡れて、しっとり風情ある雰囲気。

f:id:nekoashifumino:20190426121134j:plain:w600

猫さんも雨宿り。

秋葉原はにぎやかな電気の街、というイメージでしたが、こんなところもあるなんて。 

参拝中、神社のすぐそばを新幹線が通るのが何度も見えましたが、とても都会の真ん中にあるとは思えない、心癒される神社でした。

 

アクセス

柳森神社 東京都千代田区神田須田町2‐25‐1

JR山手線・京浜東北線・総武線・東京メトロ日比谷線「秋葉原駅」より徒歩5分

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村