鶴峯八幡宮参拝と御朱印

茨城県は古河市の神社を参拝しました。

前回、雀神社参拝のもようは、こちらからどうぞ。

 

www.nekoashifumino.com

 

続いては、同じく古河市内にある鶴峯八幡宮へ。

雀神社への道のりはなかなかに遠かったので(私が勝手に道を間違えただけなのですが…)、雀神社を出発するときにグー〇ルマップ大先生に、次の目的地である鶴峯八幡宮までの経路をセットした私。

これがまさか仇となるとは、夢にも思わずに…

 

 

雀神社から鶴峯八幡宮まで

鶴峯八幡宮までの道のりには、かなり自信があった私。

しかしながら、雀神社への道でだいぶ迷ってしまったので、大事をとってグー〇ルマップ大先生に頼ることにしたところ、なぜかものすごく狭い道を行くように導かれ…

対向車が来てしまったら絶体絶命、確実にすれ違いができないような道をドキドキしながら走行することしばし。

「目的地周辺です」

の声でたどり着いたのは、なぜか神社の裏にある駐車場でした。

「なぜに裏の駐車場!?私は表の駐車場に行きたいのに!」

と、結局は自力で移動したのでありました。

やっぱり私、茨城県とは相性が…(以下自粛)

 

鶴峯八幡宮の御由緒

気を取り直して、いよいよ参拝です。

f:id:nekoashifumino:20190728122036j:plain

鶴峯八幡宮

参道が、まっすぐに伸びています。

f:id:nekoashifumino:20190728122140j:plain

鶴峯八幡宮二の鳥居

養和元年(1181年)、源頼朝が相模国の鶴岡八幡宮より御神霊を勧請して、鶴峯八幡宮となりました。

同時に、鶴岡八幡宮の守護神である、丸山稲荷も一緒に勧請したのだそうです。

初代の神職は、鶴岡八幡宮初代詞官であった高橋摂津守の次男で源頼朝の侍従でもあった高橋鴨次郎吉元が定められました。

奥州藤原氏討伐の際には、兵を率いた頼朝が勝利を祈願したとのこと。

江戸時代には、徳川将軍が日光参りの際に立ち寄り、旅の安全を祈願しました。

お社の前で足踏みをして旅の安全や足腰の健康を祈願するという風習は、現在も残っています。

 

鶴峯八幡宮参拝

手水舎へ。

f:id:nekoashifumino:20190728124822j:plain

鶴峯八幡宮手水舎

手水舎の向こう側には、たくさんのかわいらしい小さな傘が。

この神社のおみくじなのだそうです。

なんとも涼しげな風情。

f:id:nekoashifumino:20190728124804j:plain

鶴峯八幡宮神楽殿

こちらは、神楽殿。

f:id:nekoashifumino:20190728124844j:plain

鶴峯八幡宮拝殿

この狛犬さまたちは、スタンダードタイプ(?)。

正面を向いておられました。

拝殿から先に進むと…

f:id:nekoashifumino:20190728125058j:plain

日光街道旅の神

「日光街道旅の神」と書かれたお社が。

狛犬さま、向かい合ってます!

こちらの御祭神は、水神社・八坂神社・浅間神社・道祖神社・琴平神社です。

前述した足踏み祈願は、ここで。

左・右・左の足踏みを3回繰り返します。

江戸時代に人々が立ち寄り、お参りしてから日光へ向けて旅立ったのだそう。

その先には、七柱の神々がお祀りされていました。

f:id:nekoashifumino:20190728125216j:plain

七柱の神様たち

御祭神は、住吉神社・春日社・若宮八幡・青龍権現・諏訪明神・月読命・松尾大社。

さらに進むと、またしても鳥居が出現。

f:id:nekoashifumino:20190728125244j:plain

さらに鳥居が

f:id:nekoashifumino:20190728125259j:plain

十二柱の神様

こちらは、熱田神社・鹿島神社・三輪神社・若宮神社・雷電神社・高良神社・松岡神社・日吉神社・諏訪神社・愛宕神社・白旗神社・古峰神社。

f:id:nekoashifumino:20190728125317j:plain

丸山稲荷神社

お稲荷さんにもお参りしました。

 

鶴峯八幡宮の御神木

その先には…

f:id:nekoashifumino:20190728125446j:plain

御神木の案内板

三柱の樫の木です。

f:id:nekoashifumino:20190728125502j:plain

御神木1

f:id:nekoashifumino:20190728125521j:plain

御神木2

f:id:nekoashifumino:20190728125536j:plain

御神木3

わかりやすくするために番号をふりました。順番や数字に深い意味はございません。

f:id:nekoashifumino:20190728125546j:plain

空が見えないほど立派な枝ぶり

鶴峯八幡宮の御朱印

参拝のあとは、御朱印を…

f:id:nekoashifumino:20190728122248j:plain

そんな!

このとき、12時20分。うーむ…

とても暑かったこの日、迷いに迷ったのですが、せっかく来たのだからと待って御朱印をいただくことに。

周辺を散策しながら待とうとも思いましたが、あまりの気温の高さに断念。

時間にはまだ早いけれど近くで待とう、と再び社務所へ行ってみたところ…

f:id:nekoashifumino:20190728124750j:plain

御朱印待ちの方々

早めに社務所が開いたようで、御朱印の受付が始まっていました。

f:id:nekoashifumino:20190728130343j:plain

さくらんぼ

番号札ではなく、イラストのカードを渡され、待つことしばし。

なんの前知識もなく行ってしまったのですが、次々と御朱印を希望する方が現れて、どうやら人気のある神社であることが判明。

社務所が閉まっていたこととその人気のためか、なかなかの時間をじっと立って待ちました。

暑かった…

「さくらんぼのカードでお待ちの方~」

の声を聞いたときのホッとした気持ちときたら。

f:id:nekoashifumino:20190728145151j:plain

鶴峯八幡宮の御朱印

力強い筆遣いの御朱印です。(初穂料300円)

鶴と峯の字に工夫がなされていて、鶴が羽ばたいているように見えます。

御朱印と一緒にいただきました。

f:id:nekoashifumino:20190728145327j:plain

近隣の神社情報

ご興味のある方は、ぜひご参拝してみてください。

鶴峯八幡宮を参拝して

鶴峯八幡宮は、わりとわかりやすい場所にあります。

道路も狭くなく、車で行きやすい場所です。

駐車場は神社前の大きな通り沿いにありますので、安心です。

近くにある郵便局と合同の駐車場なので、平日は少し混むかもしれません。

私が最初に間違って行ってしまった、神社の裏側にも駐車場があるので、安心です。

日光詣での人々が立ち寄った、歴史ある神社です。

御朱印待ちの人が多かったのも納得できるステキな御朱印も、人気の秘密なのかもしれません。

 

アクセス

鶴峯八幡宮 茨城県古河市中田1337‐6

鉄 道 JR宇都宮線(東北線)・東武日光線「栗橋駅」東口より徒歩35分

自動車 東北道「加須I.C.」より約15分

    無料駐車場あり