都電荒川線と舎人ライナーと中井精也さん

2019年のゴールデンウィークは、10連休!

混雑していないところで楽しもう、ということで、商店街散策と都電荒川線と日暮里・舎人ライナーに乗りに行きました。

 

 

東十条商店街

まずは、JR京浜東北線で東十条へ。

f:id:nekoashifumino:20190502131004j:plain:w600

商店街散策へ、いざ出発!

f:id:nekoashifumino:20190502131242j:plain:w600

私は商店街が大好きです。

その街に暮らす人たちの生活を垣間見るのが楽しくて。

ラフな格好でお買いものをする若者や、自転車にたくさん買い物袋を乗せて走り去る人、立ち話に興じるマダムなど、よそゆきではない街の人々の顔を見つつ、自分がここに暮らしていたら…と想像しながら歩けば、まったく飽きません。

端から端までひととおり散策を楽しんだら、腹ごしらえをして移動。

 

東京さくらトラム

王子駅で、都電荒川線に乗り換え。

f:id:nekoashifumino:20190502140614j:plain:w600

都電荒川線は、「東京さくらトラム」という愛称がついたもよう。

パンフレットに、東京さくらトラム(都電荒川線)と書いてありました。

知らなかった…いつの間に!?以前、この路線を乗りに来たのはずいぶん前だということに、はたと気がついたのでした。

無理のない、親しみやすいとても素敵なネーミング。(近ごろのおかしな横文字名には食傷気味な私です)

f:id:nekoashifumino:20190502140657j:plain:w600

この「王子駅前」という駅?停留所?は、なかなかの規模です。利用者が多いのでしょう。

ホームの感じは、江ノ電に似ているような。

駅員さんがいればその場で改札、無人駅なら、バスのように乗車してから改札です。

前から乗って、降りるときはボタンを押し、後ろから降りる。これも、バスみたい。

SuicaとPASMOが利用できます。

運賃は、どこまで行っても一律おとな170円。都バス方式です。(2019年5月2日現在)

車両の最後尾からは、こんな景色が。

f:id:nekoashifumino:20190502141333j:plain:w600

どんどん後ろに流れゆく風景を、飽きずにひたすら眺めました。

熊の前で下車して、日暮里・舎人ライナーに乗り換えます。

 

日暮里・舎人ライナー

f:id:nekoashifumino:20190502142304j:plain:w600

日暮里・舎人ライナーの熊野前駅。

こちらも、SuicaとPASMOが利用できます。

f:id:nekoashifumino:20190502142531j:plain:w600

自動運転なので、ホームにもドアがついています。

ゆりかもめのようです。

熊野前から終点の見沼代親水公園を目指します。

f:id:nekoashifumino:20190502142952j:plain:w600

隅田川と荒川を越えてゆきます。東京スカイツリーが見えました。

私はこの路線を利用するのは初めてです。

今回は乗ることが目的なので、終点まで行って戻ってくる、というスタイル。

f:id:nekoashifumino:20190502154335j:plain:w600

高架なので視界は良好。

それだけではなく、電線などもまったくないので、とにかく視野が広い!

先頭か最後尾に乗車すれば、3つ先の駅まで見通すことができる場所もありました。

 

見沼代親水公園

f:id:nekoashifumino:20190502145114j:plain:w600

終点の見沼代親水公園駅。線路が終わっているのがよく見えました。

駅を出ると、すぐに公園があります。

f:id:nekoashifumino:20190502145245j:plain:w600

水路沿いに遊歩道が続いています。せっかく来たので、散策してみることに。

f:id:nekoashifumino:20190502150015j:plain:w600

柳の緑がみずみずしく、つつじが鮮やかに咲き乱れ、心和む道です。

 

舎人氷川神社

駅から見えた神社を参拝することにしました。

f:id:nekoashifumino:20190502151424j:plain:w600

舎人氷川神社です。

f:id:nekoashifumino:20190502151351j:plain:w600

創建は、正治2年(1200年)。鎌倉時代初期です。

大宮の氷川神社を勧請祭祀したのだそうです。なかなか歴史のある神社ですね。

f:id:nekoashifumino:20190502151050j:plain:w600

現在の社殿は天保7年(1836年)に建築されました。 

静かな場所でした。

楽しく街歩きさせていただいたお礼を申し述べました。

 

ジョイフル三ノ輪商店街

再び熊野前に戻って、東京さくらトラムに乗り、終点の三ノ輪橋を目指します。

f:id:nekoashifumino:20190502170942j:plain:w600

バラが美しい三ノ輪橋駅。

人気の撮影スポットのようで、カメラを構える人、多数。

駅のすぐそばには、ジョイフル三ノ輪商店街があります。

f:id:nekoashifumino:20190502171308j:plain:w600

アーケード!

夕方だったので、たくさんの人で賑わっていました。

お惣菜屋さんは種類がたくさんあり、どれもおいしそう&お買い得!

八百屋さんにお肉屋さん、魚屋さん、と、順番にお買いものしながら帰るのは、楽しそう!!

この周辺にお住まいの方が、本気で羨ましくなりました。

いいなぁ…

 

ゆる鉄画廊

商店街をぶらぶら歩いていると、鉄道写真家、中井精也さんの画廊を発見!

f:id:nekoashifumino:20190502173946j:plain:w600

実は私、中井さんの大ファンなのです!

入ってみたら、なんとご本人がいらっしゃいました!!

「こんにちは~」と、あの笑顔でお出迎えしてくださいました。

購入したポストカードにサインをしていただき、一緒に写真撮影まで!

f:id:nekoashifumino:20190502173719j:plain:h600

感激!!

とっても気さくな方で、テレビで拝見したまま、いえ、それ以上に素敵な方でした。

元気をもらいました。ありがとうございました。

中井さんがいらっしゃる日は、公式ツイッターにて確認できます。

何も知らないで伺ったのに、お会いできて本当に良かったです。

ゴールデンウィーク中は、写真額を買うと詰め替え用の写真が1枚ついてくるのだそうです。おトク!

ご興味のある方は、ぜひ!!

 

三ノ輪駅へ

東京メトロ日比谷線の三ノ輪駅へ向かう道すがら見つけた床屋さん。

f:id:nekoashifumino:20190502174503j:plain:w600

トレンディーな雰囲気の男性の看板が気になる。

f:id:nekoashifumino:20190502174926j:plain:w600

東京スカイツリーが見えました。

びっしり立っている家々と、縦横無尽に張り巡らされた電線が、下町感を醸し出しています。

賑やかなのにのどかさを感じたのは、なぜだろう?

楽しい鉄道の旅を楽しんだ一日。

最後に鉄道の神様(?)にお目にかかることもできて、すばらしい休日となりました。

 

アクセス

ゆる鉄画廊 東京都荒川区南千住1‐19‐3 ジョイフル三の輪商店街 大勝湯となり

東京さくらトラム(都電荒川線)「三ノ輪橋」より徒歩2分

東京メトロ日比谷線「三ノ輪駅」より徒歩5分

営業時間 月~金 13:00~19:00

     土日祝 10:00~18:00

     定休日 毎週水曜

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村