千葉県南房総市の富山登山記

千葉県南房総市にある富山(とみさん)へ行きました。

富山は、初心者向けのお山です。皇太子ご夫妻がお登りになったことで、有名なのだそう。

低山ハイクを楽しみます。

 

 

富山へ行く

富山へ、私は車で行きました。

館山道を鋸南富山I.C.で降りて、館山道沿いに館山方面へ。

途中にある道の駅富楽里(ふらり)とみやまに寄ります。

ここから先は、お店がありません。

食べもの、飲み物の補給はこちらで。お手洗いにも行っておきましょう。

道の駅を出たら、またしても館山方面へまっすぐ。

突き当りを左折して、高速道路の高架をくぐってから200mほど進んだ右側に、無料駐車場があります。

電車の場合は、JR内房線の岩井駅から徒歩で行くことができるそうです。

 

伏姫籠穴

駐車場を出発して、いざ富山へ!

しばらくは、舗装された道路を歩きます。

途中、『南総里見八犬伝』で、伏姫が八房とともに籠った、伏姫籠穴という場所があります。

『南総里見八犬伝』は、江戸時代に滝沢馬琴によって書かれた小説、フィクションです。

この場所は、滝沢馬琴が知っていて書いたのか、それとも、どなたか地元の方が発見して(八犬伝だけに!)、「ここ、それっぽい」と後付けで言われ始めたものなのかは、不明です。

私は諸事情により籠穴には寄りませんでしたが、山門のところにお手洗いがあったので、借りました。

そこが、登山前の最終のお手洗いです。

 

富山登山

登山道は、階段が整備されていました。

標高の低さだけでなく、この道もあって、この山は初心者向けなのだと思いました。

平日だったにも関わらず、ほかの登山者の方も数名おられました。

富山は双耳峰なので、山頂はふたつ。北峰には展望台、南峰には観音堂があります。

 

富山からの眺め

北峰からは、東京湾を一望!

f:id:nekoashifumino:20181022121347j:plain:h600

山に登って海が見えるのはうれしいな、としみじみ思いました。達成感が違う!

眺めがよいのは北峰。南峰からは、何も見えません。

撮影や休憩は、北峰で。

 

下山ルート

富山の下山ルートはふたつ。

ひとつは、来た道をそのまま下りる。

ふたつめは、そのまま南峰方面へ進み、満福寺というお寺を目指し、そのお寺から一般道を通って駐車場へ戻るルート。

迷った末、満福寺コース(と、勝手に命名)で行くことに決定。

満福寺コースは、登ってきた道よりもゆるやかでした。

のんびり下りてきて、あと少しで満福寺という場所で、衝撃の光景が!

最後の満福寺への道は、ドロドロの中央がV字にえぐれた斜面。

日当たりの関係なのか水はけが悪いのか、とにかくドロドロ。

足跡や誰かが滑った後だらけで、「最後にこれかーい!」と突っ込みたくなるほど。

先には墓地が見えていて、本当にあと少しというところだったのですが。

ゴールはすぐそこ。もう戻る気力はありません。進むべし!

滑らないように、ぬかるみにはまらないように、細心の注意を払って進みました。

なぜに、そこだけ?と今思い出しても不思議ですが、もしも満福寺コースを選択される方は、ご注意ください。

いつもその状態なのか、私が行った日がたまたまそうだったのかは、わかりません。

満福寺には、お手洗いがあります。

満福寺から駐車場までは一般道を800mほど歩きます。

歩道はありますが、車が走る道路なので、気をつけて歩きましょう。

 

富山登山の服装と注意事項

富山は、初心者向けのお山です。歩きやすい靴(スニーカーなど)と、動きやすい服装で、じゅうぶんです。

前日の天候等によってぬかるんでいるところがあるかもしれないので、トレッキングシューズをお持ちの方は、履いて行かれるとよいでしょう。

f:id:nekoashifumino:20171126121319j:plain

Michael GaidaによるPixabayからの画像

もちろんスニーカーでも、問題ありません。

お手持ちの中から、なるべく底がしっかりしたものを選びましょう。

いくら初心者向けのお山だからと言って、サンダルやミニスカートで行くのはやめましょう。

また、私が下山した南峰から満福寺までの道には、スズメバチ注意の看板が多数ありました。

私が訪れたときには遭遇しませんでしたが、彼らの活動が活発な時期にお越しの際は、じゅうぶんご注意ください。

 

富山の見どころ

富山のおススメポイントは、山頂から海が見えること!

そして、駅と高速道路のインターチェンジから行きやすいという、アクセスの良さ。

富山自体が街中からすぐなので、いろいろと便利です。

そして、登山の後には、おいしくて新鮮な海の幸を味わえること。

それから、きっと、『南総里見八犬伝』ファンの方は、また違った楽しみ方ができるのではないでしょうか。

春になると、毎年のようになぜかテレビの旅番組で房総半島特集をよく見ます。

関東地方在住者にとっては、身近なお出かけ先なのかもしれません。

だんだん暖かくなってきて、登山シーズンがいよいよ始まります。

今年最初の山として、いかがでしょうか?

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村