東郷神社

原宿の東郷神社を参拝しました。

由緒

東郷神社の狛犬様は、筋骨隆々!

f:id:nekoashifumino:20190119000207j:plain

逞しい!!さすが、東郷平八郎をお祀りする神社です。 

東郷平八郎は、日清戦争、日露戦争を勝利に導いた、明治時代の日本海軍の指揮官です。 

特に日露戦争において、当時世界最強と謳われたロシアのバルチック艦隊を撃破したことで有名です。ということで、この神社は勝利の神様なのです。 

参拝

東郷神社のすぐ近くには、竹下通りがあります。参拝前に竹下通りを歩きましたが、あいかわらずものすごい人、人、人。友人たちと一緒に歩いたのですが、ぼんやりしていると、危うく迷子になってしまいそうなほどの混雑ぶり。「お祭りか!?」と思われるのも、ごもっとも。 

私は竹下通りを約20年ぶりに訪れましたが、まだまだ若者の聖地感満載。ここは、ずーっと変わらないのだろうなぁ。日本中から若者が押し寄せて、世界中から人が来て。時代に合わせてマイナーチェンジしつつも、存続してゆくのでしょう。

 そして竹下通りから東郷神社のあたりは、実は、ものすごく「気」がいい場所なのだそうです。星よみのyujiさんの御著書にそういう記述があったようで。

f:id:nekoashifumino:20190119001501j:plain

この本、持っているのに知らなかった。お友だちに指摘されて、初めて気がついたのでありました。  

さて、そんな大賑わいの竹下通りから一歩境内に入ると、うってかわって静寂が。

f:id:nekoashifumino:20190119000232j:plain

落ち着いて、心静かにお参りしました。

御朱印

絶えず人は訪れていましたが、御朱印は少し待つだけでいただくことができました。

f:id:nekoashifumino:20190119000704j:plain

「勝」の朱色が鮮やかです。 

御朱印のインクと墨が隣のページにうつらないようにするために挟む紙。(正式名称がわかりません)

f:id:nekoashifumino:20190119000753j:plain

無地の和紙であることが多いのですが、神社の御由緒と東郷元帥の言葉が書かれていました。「今こそがんばり時だよ!」応援してくださっているようです。一緒に行った友人は違う言葉だったので、数種類あるもよう。

 

ただいま、近代日本史に興味津々の私。東郷神社はまさに、司馬遼太郎氏の『坂の上の雲』の世界でした。 

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村