玉敷神社参拝と御朱印

埼玉県加須(かぞ)市にある、玉敷神社へ行きました。

江戸時代までは、「勅願所玉敷神社 久伊豆大明神」と称され、各地に久伊豆神社が数多く建立されるもとになったそう。

それでは、いざ参拝!

 

 

玉敷公園

駐車場は、神社の隣にある玉敷公園のものを利用します。

f:id:nekoashifumino:20190323110220j:plain:w600

玉敷公園は、広々とした美しい公園です。

樹齢400年の立派な藤。

f:id:nekoashifumino:20190323110309j:plain:w600

お花の時期に訪れたら、さぞや美しいことでしょう。

咲いたところを見てみたいです。

私が訪れたのは花曇りの肌寒い日でした。

桜の花が咲くまでもう一息というところ、と思っていたら…

f:id:nekoashifumino:20190323110422j:plain:h600

少し咲き始めていました!得した気分!!

f:id:nekoashifumino:20190323110335j:plain:w600

水辺には水仙が。春ですね。

桜の次は藤、と順番に楽しむことができる、ステキな公園です。

玉敷神社ご参拝の折には、ぜひお立ち寄りください。

夏にはホタルも来るようです。

 

参道

公園の敷地から直接神社へ入れるのですが、参道もあります。

f:id:nekoashifumino:20190323113112j:plain:h600

三の鳥居から見る二の鳥居。

二の鳥居。

f:id:nekoashifumino:20190323110643j:plain:h600

三の鳥居の横には、手水舎があります。

f:id:nekoashifumino:20190323110815j:plain:h600

とてもきれいだったので、思わず撮影してしまいました。

ここで身を清めて、三の鳥居をくぐります。

f:id:nekoashifumino:20190323112336j:plain:w600

正面に拝殿、左側に神楽殿があります。

参道の両脇には石灯籠と狛犬さまが並び、とても美しい風景です。

大きなイチョウの木には、この時期はまだ葉っぱがなかったけれど、青葉の季節も紅葉の季節も、それぞれすばらしいことでしょう。

 

社殿

美しい拝殿。

f:id:nekoashifumino:20190323111056j:plain:w600

「平成の大改修」事業として、屋根の葺き替えを平成30年(2018年)に行ったばかりなのだとか。

私が訪れたのは2019年3月なので、まだピッカピカだったのでありました。

狛犬さま。

f:id:nekoashifumino:20190323110915j:plain:h600

下に、おチビさんが!

もう一体の狛犬さまの後ろ姿。

f:id:nekoashifumino:20190323111107j:plain:h600

おチビさんのお尻がかわいい。

本殿と大きなイチョウの木。

f:id:nekoashifumino:20190323111331j:plain:h600

ご立派です。

 

神楽殿

神楽殿は、茅葺屋根です。

f:id:nekoashifumino:20190323111122j:plain:h600

神楽殿の屋根も社殿同様、「平成の大改修」で葺き替えられたばかり。

御神楽は400年以上の歴史を持ち、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

舞は年に4回行われていて、次回は2019年5月5日(日)の13時から15時ごろまで。

観覧は無料で、途中からでも見ることができるそうです。

その日は、11時より春季大祭も執り行われるとのこと。

ゴールデンウィークです。しかも、藤のお花の時期!いいですね。

 

旧河野邸跡地

参道の途中に、立派な門が。

f:id:nekoashifumino:20190323113001j:plain:w600

旧河野邸、とあったので、行ってみました。

中には、立派な庭園が広がっています。

f:id:nekoashifumino:20190323112854j:plain:w600

ここは、河野省三氏の旧宅跡地です。

河野氏は、元國學院大學長の文学博士で、玉敷神社に代々奉仕する社家(しゃけ)、河野家の次男として、明治15年(1882年)8月10日にこの地に生まれた。

幼いころから学問に秀で、優秀な成績を修めた学生時代は授業料免除の特待生となった。

卒業後は宮司兼教員として故郷で活躍しながら論文を発表し続け、のちに國學院大學長となる。

国学(古事記や万葉集などの古典・歴史書を通じて日本民族の考え方や生き方を探ろうとする学問)と神道の研究、および教育界への貢献によって、昭和36年(1961年)に紫綬褒章を受章。昭和38年(1963年)に80歳余りの生涯を閉じた。

 以上、現地案内板より抜粋。

敷地内には、大きな枝垂桜が。

f:id:nekoashifumino:20190323112912j:plain:h600

満開になったら、どれだけ見事なことでしょう。

 

御朱印

玉敷神社の御朱印。

f:id:nekoashifumino:20190323161242j:plain:h600

土日祝日は、書置きなのだそうです。

平日は書いていただけるようなので、そちらの方がいい方は、ぜひ。

種類がいくつかあり、好きなものを選べます。私は標準タイプ(?)にしました。

f:id:nekoashifumino:20190323175200j:plain:h600

社務所の方にいただいた、この冊子。

開くと、スタンプラリーのようなものが。

f:id:nekoashifumino:20190323175333j:plain:w600

参拝すると月ごとにスタンプを押してくれるそうです。

集めると、記念品をいただけるとか。

参拝の記念冊子なのだそう。毎月違うスタンプが用意されているそうです。楽しい!

 

参拝を終えて

大改修を終えたばかりの屋根が美しい神社でした。

境内には小さなお社がたくさんあり、それぞれの歴史を感じながらお参りできます。

隣接する公園は市民の方々の憩いの場になっていて、地域に根差した神社であることが感じられます。

そして、私はこの神社に美を見ました。

特に、三の鳥居をくぐって見た景色には圧倒されました。

神社と森の調和が美しく、社殿と神楽殿、小さなお社たちの配置が絶妙。

何がどうとは言葉でうまく説明ができないのですが、私が美しいと感じる何かがありました。

私にとって、印象深い神社となりました。

また別の季節にも訪れてみたいです。

 

加須名物

参拝後は、おなかがぺこぺこに。

この日は気温が低くて、すっかり冷え切ってしまったので、あたたかいうどんを求めて、めんこや岡安さんへ。

f:id:nekoashifumino:20190323121849j:plain:w600

玉敷神社から1㎞ほどのところにあります。

たぬきうどん!

f:id:nekoashifumino:20190323115519j:plain:w600

あたたまって、おなかもいっぱいに。麺もおつゆも美味でした。

このお店はランチタイムのみの営業です。

加須は、うどんの街。市内には多くのうどん屋さんがあります。

玉敷神社ご参拝の際は、ぜひ、ご賞味あれ。

 

アクセス

玉敷神社 埼玉県加須市騎西552‐1

鉄道・バス

  • 東武伊勢崎線「加須駅」より朝日バス「鴻巣駅・免許センター行き」乗車「騎西一丁目」下車 徒歩8分
  • JR高崎線「鴻巣駅」より朝日バス「加須車庫行き」乗車「騎西一丁目」下車 徒歩8分

自動車

  • 東北道加須I.C.より約15分
  • 圏央道白岡菖蒲I.C.より約20分

駐車場あり(無料)

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村