スキーウェアの下に着るもの

前回に引き続き、スキーのお話です。

www.nekoashifumino.com

「スキーに行ってみようかな」、「今度初めてスキーをするのだけれど」という方や、「みんな、ウェアの下には何を着ているのだろう?」と疑問に思われている方向けに、私がスキーウェアの下に着ているものをご紹介します。

シンプルライフを目指し目下断捨離実行中の私の、ものを増やさず、すべて使い切る精神のもと書いてゆきますので、スポーツウェアにこだわりのある方には向かないお話になるかとは思いますが…

 

 

スキーウェアの下に着るもの

防水防風機能に優れたスキーウェアですが、下に着るものも重要です。

f:id:nekoashifumino:20141206141037j:plain

いくらなんでもこんな格好はあり得ませんが、動きやすくて、保温性のあるものを身に着けます。

汗をかくこともあるので、素材は乾きやすい化繊かウールがよいでしょう。

綿素材は、汗をかくと冷たくなってしまうので、私は避けています。

学校行事でスキーに行く中学生、高校生なら、ジャージでじゅうぶんだと私は思います。

 

ヒートテックインナーと使い捨てカイロ

私が愛用しているのは、ユニクロのヒートテックインナー極暖シリーズ。

生地が薄くて動きやすく、荷物がかさばらないのも、ありがたい。

パンツの下には、スキー用のタイツを愛用していましたが、だいぶくたびれてきたので、こちらも極暖のレギンスにしてみようかな、と思案中。

私はそれらのインナーに使い捨てカイロを貼ります。おなかや腰回りなど、冷えやすいところを中心に。暑くなったと感じたらはがせばいいだけなので、簡単です。

ユニクロの極暖シリーズよりもさらに暖かいという超極暖シリーズも気になるところ。

冬物の販売はそろそろ終わってしまいそうなので、ちょっとお店に見に行ってみようかな、と思っています。

もしも手に入れることができたら、次回のスキーで着用してみて、感想をご報告します。

 

ヒートテックストレッチフリースモックネックT(長袖)

ヒートテックインナーの上に、フリースのTシャツを着ます。

f:id:nekoashifumino:20190219083851j:plain:h600

こちらは、モックネックタイプ。襟を折り返す、タートルネックタイプもあります。

私はモックネック派です。理由は襟と肩にあります。

モックネックは襟の高さがほどよく、首をしめつけない上に、動いてもぐしゃぐしゃになりません。

また、肩のところがベースボールシャツのようなラグランタイプになっているので、腕を動かしやすいのです。

タートルネックタイプだと、高すぎる襟が邪魔な上に、肩がラグランではないので、動きにくいような気がするのです。でも、きっと、襟が高い上に二重になっている分、こちらの方が暖かいのでしょう。

あくまで個人的な好みの問題です。

 

ウールニット

気温が低くて風が強い日、雪の日など、寒い日は、その上にさらにもう1枚。

f:id:nekoashifumino:20190219084129j:plain:h600

薄手のウール100%のニットを重ね着します。

もちろん、フリースジャケットまたはベスト、薄手のダウンジャケットもしくはベスト、などでもいいのですが、私は動きやすさとコンパクトであることを重視しています。

ウールなら伸縮性があって暖かいし、通気性も抜群なので汗をかいても安心です。また、軽くて畳むと小さくなるので、暑くなって脱いだ時にも便利なのです。

 

私がユニクロ製品を愛用する理由

ユニクロ製品は、お値段がお手頃で、インナーは冬季であればどの店舗でも手に入れることができます。ネットショップもあるので、お近くに店舗のない方でも買いやすいかと思います。

そして何より、普段使いできる、というのが大きな理由です。

肌着は毎日着用できるし、フリースTシャツはニットやワンピースのインナーにしたり、部屋着やリラックスウェアとしても大活躍。ニットはスカートやデニムに合わせて日常的に着られます。

なるべくモノを増やしたくない、シンプルライフを心がける身としては、便利なことこの上なし。

 

初心者から愛好家まで幅広くおススメ

初めてスキーやボードをした人の感想は、「楽しい!また行きたい!!」か「嫌になっちゃった…もう行きたくない」のどちらかになりがち。

f:id:nekoashifumino:20140327102236j:plain

せっかく最初からすべて本格的な装備を揃えても、やってみなければ次回があるかどうかは、わからないのです。

だったら、日常的に着られるものが一番!

ユニクロに限らず、あなたの行きつけ、もしくは好きなお店で、そんなアイテムを探してみてください。

また、初心者の方だけでなく、ウィンタースポーツ愛好家の方にもおススメです。

機能性インナーの技術は日進月歩。

各メーカーが競って、「薄くて暖かい」を追及しています。

前年のよりも今年発売された製品の方が高機能だと信じて、私は毎年買い替えるようにしています。(とことん着倒してシーズン終わりにはボロボロになってしまうのも、理由のひとつなのではありますが…)

お値段がお手頃で普段使いできる、コストパフォーマンスが最高な一般の製品なら、惜し気なく最新の技術で作られたものを身に着けることができるのです。

 

まとめ

もちろん、道具にこだわりたい!やっぱり専用のものがいい!!という方は、そちらを利用するに越したことはありません。

やはりその道のためだけに作られたものは、いいに決まっています。

そして、そこまでではないんだよね、という方は、ぜひ、日常の中でウィンタースポーツにフィットするものを探してみてください。

スキーは上級者の方も、初心者さんも、それぞれが自分のペースで楽しむことができるスポーツです。

チームプレーではないし、誰かと競い合う必要はありません。

私は、そこが気に入っています。

ウィンタースポーツを楽しいと思ってくださる方が少しでも増えるように、お役に立てたら幸いです。

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村