パルコールつま恋リゾート

今週のお題「雪」。ということで、参加してみます。

私にとって雪=スキー!

先日訪れたスキー場、パルコールつま恋リゾートのことと、スキーについて、語ります。

パルコールつま恋リゾートスキー場

パルコールつま恋リゾートスキー場は、群馬県にあります。浅間山のすぐ近くなので、私は最初、長野県だと思っていました。県境に位置しているもよう。

標高が高いので、さらさらのパウダースノーを楽しむことができます。

f:id:nekoashifumino:20190215162618j:plain:w600

ゲレンデはとても広くて、コースがたくさん。リフトだけではなく、ゴンドラもあります。ゴンドラは、関東最長なのだそうです。

 

フットレスト付きリフト

私は、腰痛持ちです。滑る分には問題ないのですが、困るのが、リフト。

足をぶらーんと下ろしたままでいると、板と靴の重みで、腰がだるくなってしまうのです。

なので、最近は、ゴンドラがあるスキー場へ行くことにしています。

ゴンドラは長い距離を一気に上がることができるし、寒さ凌ぎにもとってもいいのですが、ちょっと面倒なのが玉に瑕。

乗る前に板を外して、歩きにくいスキー靴で階段を上がって…

あぁ、いちいち、やってられない!!

リフトなら、そのまま進んで乗って、そのまま降りて滑り出せるのに。

そんなときに便利なのが、フットレスト付きのリフトです。

要するに、足置きのバーがついたリフトのこと。

f:id:nekoashifumino:20161230123439j:plain

これが、なかなか、ない。のですが、このスキー場には、あるんです!

第6デュオというリフトは、フットレスト付き。

足を置くことで安定して座ることができるので、初心者の方も安心できるのでは?

しかしながら、このリフト、中級コースにあるので、初心者の方はご利用の際、ご注意ください。

 

さらさらのパウダースノー

このスキー場、パウダースノーが自慢なことだけあって、気温が低い!

先日訪れたときは、強風および降雪で、本当に寒かった!!

スキー場なんて、寒いに決まってる。寒くなければダメな場所。

もちろん、いつも覚悟して行くわけですが、今回は私の予想以上の寒さでした。

f:id:nekoashifumino:20190218234603j:plain

もしも、1月、2月のハイシーズンに行かれるのならば、ウェアのインナーやカイロ、ネックウォーマーなど、防寒対策グッズをプラス1ご用意されるといいかもしれません。

 

パルコールつま恋リゾートホテル

先ほども申しあげたとおり、このスキー場は、限りなく長野県に近い群馬県にあります。ちょっと遠いのです。

日帰りでもいいのですが、宿泊もおススメです。

 

パルコールつま恋リゾートホテルは、ゲレンデの目の前。

1日楽しく滑ったら、そのままホテルへ。翌朝も、ホテルからゲレンデへ。とってもステキな立地です。

リフト券付きのパックもあるので、ぜひチェックしてみてください。

お食事は朝夕ともバイキングです。大浴場は温泉で、夜も朝も入れます。うれしい!

宿泊者専用のロッカーがあり、チェックアウトまでスキー板やボード、ブーツを入れておくことができます。

卓球やビリヤード、スカッシュ、ゲームコーナーもあるので、アフタースキーを楽しむことができます。

コインランドリーがあるものうれしかったです。洗剤はフロントで販売されていました。

 

最高の雪遊び

スキーは、最高の雪遊びです。

f:id:nekoashifumino:20180408122106j:plain

パルコールつま恋リゾートには、レンタルもスクールも充実しているので、初心者の方も楽しめるのではないかと思います。

1日中雪の中で遊びまわるなんて、なかなかできないこと。

でも、スキー場でなら、きちんと装備をしてルールを守りさえすれば、それが簡単に叶うのです。大人でも、正々堂々、雪遊びができるのです。もちろん、ちびっ子も。

老若男女、それぞれが年齢に応じた楽しみ方ができるので、生涯スポーツとしても最適です。

 

最高の雪遊び、してみませんか?

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村