奥多摩と武蔵御嶽神社

「青梅で街歩きをしよう!」と、鼻息荒く出かけたものの、行ってみたらその日はイベントが開催されており、駐車場はすべて満車。

さて、どうする!?

悩んだ末、そのまままっすぐ突き進み、奥多摩へ行ってみることにしました。

 

 

奥多摩湖

奥多摩湖は、東京都西奥多摩郡奥多摩町にある、人造湖。

多摩川をせき止めた、ダム湖です。

貯水池以外に水力発電所としての役割も担っていて、多摩地区の電力はここから供給されているのだそうです。

うねうねとカーブしながら細長く続く形状は、まさに川。

湖畔をドライブしていると、突然目の前に湖が現れたり、いつの間にか山の中の景色に戻ったり。

不思議な風景がしばらく続きます。

 

ドラム缶橋

奥多摩には、ドラム缶橋と呼ばれる浮橋が2か所あります。

麦山浮橋と、留浦(とずら)浮橋です。

麦山浮橋は混雑していたので、その先の留浦浮橋へ行ってみることに。

f:id:nekoashifumino:20181117142958j:plain:h600

昔はドラム缶が浮力として用いられていたそうですが、現在はドラム缶の形状に似た、赤い何かが。

訪れたのはまだ昼間の明るい時間だったのに、向こう岸以外は暗くなっていました。

山に囲まれていると、日照時間が少ないのですね。

浮橋は渡るとゆらゆら揺れて、なかなかスリル満点でした。

ずっといると酔いそう…

 

奥多摩名物

昼食は、奥多摩湖畔にある「陣屋」さんでおそばをいただきました。

奥多摩はお水がきれいなので、おそばが名物なのだそうです。

ヤマメの塩焼きもいただきました。とてもおいしかったです。

しかし、並びます!ご覚悟を!!

 

御岳山と武蔵御嶽神社

この日はたまたま奥多摩へ行ったので、基本的にノープラン。

地図を見て、また実際にドライブしながら気になるところに寄る、というスタイルでした。

奥多摩には、御岳山(みたけさん)という信仰の山があったな、とふと思い出した私。

山頂には神社があったはず。

というわけで、御岳山へ行くことにしました。

実は、昼間一度行ってみたのですが、駐車場が満車でいったん諦め、午後の遅い時間に再チャレンジしたのでした。

f:id:nekoashifumino:20181117183840j:plain:h600

山頂までは、ケーブルカーを利用しました。

私が訪れた時間は観光客もまばら。

ケーブルカーには数人の観光客と、なぜかランドセルを背負った子どもたちが。

乗り場にいた職員さんと、親しげに話す子どもたち。

なんと、定期券らしきものを持っていました。

ランドセル軍団は、どうやら山頂にお住まいの皆さまだったもよう。

おみやげ屋さんとか、お宿とか、おうちでお商売をされているのでしょうか?

楽しそうにおしゃべりする地元の子どもたちと一緒にケーブルカーに乗る。

おもしろい体験でした。

山頂駅に着くと、もうまっくら。

暗くてよくわからないまま、森の中の道を進みます。

しばらく行くと、だんだん建物が増えてきました。

お宿が続く道をしばらく行くと、両側にお店がある参道にたどり着きました。

時間が遅かったのですべて閉店していましたが、普段はきっとにぎやかなところなのでしょう。

そこを抜けて、階段を上ると…

f:id:nekoashifumino:20181117173552j:plain:h600

武蔵御嶽神社に到着!鮮やかな赤い拝殿が、きれいにライトアップされていました。

社務所は閉まっておりほかに参拝者はおらず、神聖な雰囲気の中、お参りできました。

途中に登山コースがあり、とても気になりました。

さすがに、行きませんでしたが。

美しくて静かな神社にもう少し滞在していたかったけれど、最終のケーブルカーを逃さないように、早めに戻ったのでした。

 

奥多摩の感想

奥多摩は、

とにかく混んでいた!どこもかしこも!!

という印象です。

奥多摩湖のビジターセンターも、お蕎麦屋さんも、神社も、浮橋も、とにかく人が多い!

いつもこうなのか、それともこの日だけだったのか? 

いくつか気になるお山があったので登山をしてみたいと思ったものの、この混雑ぶりを体験してしまうと、うーん。

山に登ってしまえば、混雑は関係ないのでしょうが…

御嶽神社にも、もう一度参拝してみたいけれど。

飲食店が少ないことがわかったので、次回訪れるときは、お弁当を持って行こうと思います。

 

奥多摩へのアクセス

鉄 道

JR青梅線「奥多摩駅」下車(駅から路線バスあり) 

自動車

東京方面から 圏央道日の出I.C.~国道411号線~奥多摩町

埼玉方面から 圏央道青梅I.C.~青梅街道~奥多摩町

 

御岳登山鉄道(御岳山ケーブルカー)へのアクセス

鉄道・バス

JR青梅線「御嶽駅」下車

西東京バス「ケーブル下行」乗車 「ケーブル下」下車 

自動車

圏央道青梅I.C.または日の出I.C.~国道411号線~都道

カーナビ設定

「御岳登山鉄道 滝本駅」 電話番号 0428‐78‐8121

駐車場営業時間 7:10~19:00

駐車台数 136台(有料)

 

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村