座り込まないで楽しむ健康お花見のすゝめ

私が利用しているはてなブログには、毎週お題が出ます。

参加するかしないかは個人の自由ですが、今回は参加を表明することに。

今週のお題は、「桜」だそうです。

現在、私の住む地域は、桜が見ごろに向かってまっしぐら!の状態です。

今回は、私が楽しんでいるお花見のしかたについてお話します。

 

 

健康お花見

私が毎年行っているのは、健康お花見、と私が勝手に名付けているお花見です。

これは、お花見と言えば一般的な、お弁当を持って桜の下に座って楽しむものではなくて、桜の咲いている場所をひたすら歩く、または走る、というもの。

f:id:nekoashifumino:20180403192110j:plain

EarthTripによるPixabayからの画像

桜の名所に行く必要はありません。

お住まいの地域にある桜を、歩いてもしくは走って見て楽しむ、これだけです。

桜って、どの地域にもあると思うのですが、いかがでしょう?

公園だったり、学校だったり、川沿いだったり、いつも通る道端だったり。

別に桜並木である必要はありません。

あの角の立派なお寺にある大きな桜まで歩こう、とか、公園の桜の周りをぐるぐる走ろう、とか、要するに桜をお散歩やランニングの目標にするのです。

それを私は、健康お花見と呼んでいます。

 

お花見は動き出すチャンス

桜が咲くころは、寒さが和らぐ上に明るい時間が長くなるため、動きやすくなります。

また、「桜が咲き始めたから見に行こう」というのは、動き出すのにとってもよい理由です。

だって、桜の花がきれいに咲く期間は短いのですから。

ぐずぐずしていると、あっという間にに葉っぱだらけになってしまいます。

「今行かなきゃ!」というのが、ポイントです。

 

桜の名所もいいけれど

桜の見ごろは限られているからこそ、名所と呼ばれる場所は大混雑します。

でも、きれいなのは名所の桜だけではありません。

私は植物の種類の知識に乏しいため、葉を落とした木を見ても、なかなか木の種類を判別することができません。

しかし、春になると、そんな私でも「名前も知らない木」の種類がわかるようになります。

こんなところに桜があったなんて、とか、このポツポツと間隔をあけて植えられていた若木は桜だったのか、とか、春になって気がつくことが多いのです。

そういう発見が、とてもうれしくてたまりません。

食べたり飲んだりしてしまうと、どうしても手元と、下ばかりを見てしまいます。

でも、歩いたり走ったりしていれば、確実に桜を見続けることができるのです。

運動できる上に、食べすぎ飲みすぎも防ぐことができます。

一石二鳥!

 

健康お花見の注意点

そんな健康お花見ですが、いくつか注意点があります。

走る場合は、人が多いところでは気をつけましょう。

歩く人たちは、撮影するために急に立ち止まったりすることがあります。

危険ですので、もしも走るなら、人が少ない時間帯または場所を選んで、それ以外では歩くようにしましょう。

それから、桜の根はとても強いようです。

桜の木のそばで、よくつまづく私。下を見ると、こんなことに。

f:id:nekoashifumino:20190331170911j:plain:h600

木の根が、アスファルトを押し上げています。

桜の木の近くでは、足元にも要注意です。

 

健康お花見の効果

桜を見ながら歩いたり走ったりすると、体だけではなく、心にも良い影響があります。

私はある日、ものすごくいやな気分でした。

お茶を飲んでも、小島よしおメソッド(そんなの関係ねぇ!をやる)を試みても、車の運転中に大きな声で歌ってみても、神社に行っても、猫をかまっても、どうしてもダメ。

元気が出ない。

いつの間にか夕方になり、気分はますます沈むばかり。

元気はないものの、桜の咲き具合が気になっていたため、健康お花見へ出かけることにしました。

運動用のウェアに着替えてランニングシューズを履き、ゆっくり走り出した私。

桜を見て、道沿いのお宅に咲き乱れるいろんなお花を見つけて、楽しそうにお散歩する犬たちを眺めて、呼吸に集中してしばらく走っていたら、いつの間にか気分すっきり爽快。

一日中、あんなにいろいろやってみて効果がなかったのに、これだけで!?とびっくり。

運動プラスお花の癒し効果でしょうか?

 

新年度と桜

新年度の始まりは、日本に住まう人々にとって、二度目のお正月のようなものではないでしょうか。

そんな季節を飾る桜は、美しい花を咲かせ、はかなく散りゆく姿をもって、新しい日々の始まりを寿いでくれているのかもしれません。

だからこそ、人々は心を寄せずにはいられないのでしょう。

静かにお花を見つめ、体と心を整えてくれる健康お花見。

ぜひ、お試しください。