潮騒リゾート鴨川と岩屋山波切不動尊

富山登山のあとは宿泊地の鴨川市に移動しました。

富山登山のもようは、こちらからどうぞ。 

www.nekoashifumino.com

 

 

潮騒リゾート鴨川

この日のお宿は、潮騒リゾート鴨川。

 

こちらのホテルは、全客室オーシャンビュー!

鴨川市の太海浜というところにあります。

このホテル、私が訪れた日には、ウエルカムケーキなるものがありまして。

小さなケーキ数種類と、飲み物(お茶、ジュースなど、ドリンクバースタイル)が食べ放題、飲み放題!

そのことを、チェックイン時に知った私。

実はこの日の山を下りたあと、途中でカフェに寄り道をしてからお宿へ行ったのでした。

知っておれば、まっすぐに来たものを!!と後悔しましたが、結局お茶とケーキをいただいた私。(お茶してきたんじゃないんかい!)

このウエルカムケーキは、通年あるのかどうかは不明です。気になる方は、お問い合わせしてみてください。

このお宿、お風呂は温泉です。露天風呂もあります。

おみやげコーナーも充実。

お宿と地元のガラス工房とがコラボして誕生した、オリジナル商品を発見。

f:id:nekoashifumino:20190322151434j:plain:h600

ステキなガラスのペンダント。ゲットしました!

お食事は夕食も朝食も、海が見えるレストランでいただきます。

おいしかった!

そして、お部屋、ロビー、レストラン、露天風呂、どこにいても海が見えるのです。

最高!!

 

道の駅鴨川オーシャンパーク

チェックアウトした後は、道の駅鴨川オーシャンパークへ移動しました。

ここにはお菓子に海産物、野菜や梅干し、はちみつなど、 地域のものがもりだくさん!

楽しいお買いものスポットです。

無料の足湯もありますので、入りたい方はタオルをご持参ください。

タオルは道の駅でも販売しています。

道の駅で「波切不動尊」の案内板を発見。道の駅から徒歩5分ほどで行くことができるそう。

せっかくなので、行ってみました!

 

岩屋山波切不動尊

道路を渡って、田んぼの中を進み、踏切のない線路を注意深く渡った先に、岩屋山波切不動尊はあります。

波切不動尊の隣には、不動の滝という滝があります。

木が生い茂っており、よく見えなかったのですが、水音は聞こえました。

この滝で、源頼朝が名馬太夫黒と出会ったという伝説があるのだそうです。 

f:id:nekoashifumino:20181023112722j:plain:w600

お堂の左側に滝があります。うっすらですが、写っています。おわかりでしょうか?

 

鴨川市と頼朝

さて、なぜ源頼朝は、現在の千葉県鴨川市にいたのでしょうか?

相模石橋山の戦いに敗れた頼朝は、神奈川県の真鶴岬よりひっそりと小舟で逃れ、鴨川市太海浜にある仁右衛門島という個人所有の島に上陸したそうです。

当時の仁右衛門島の島主は、逃れてきた頼朝を手厚くもてなしたとのこと。

鴨川市は、敗走した頼朝がたどり着き英気を養って再起を図った地。

いろいろ不安だったであろう頼朝さん、ホッとしただろうなぁ。

 

私が南房総を好きな理由

南房総には、海あり山あり、お花畑あり、棚田あり、フラワーライン(お花が咲くドライブロード)あり、館山市、鴨川市のようなほどよい大きさの便利な街あり、おいしい海の幸あり、とても楽しいところです。

海水浴シーズンの夏はもちろん、どの季節に行ってもいい!

通年暖かく、夏は海風のせいか涼しく感じます。

私は暑いのが苦手なので、毎年夏になると、本気で移住したくなります。

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村