南会津日帰り旅~ミニ尾瀬公園

南会津日帰りの旅。

檜枝岐村名物のおそばと、伝統の歌舞伎の舞台を見学のもようは、こちらからどうぞ。

 

www.nekoashifumino.com

 

おなかがいっぱいになり、文化的価値ある伝統芸能の世界に触れたら、続いては自然とのふれあいです。

同じく檜枝岐村にある、ミニ尾瀬公園へ。

 

ミニ尾瀬公園

f:id:nekoashifumino:20190518152246j:plain

尾瀬は人気の場所ですが、国立公園なので、国が管理・保護しています。

そのため、直接アクセスできる道路が限られていたり、交通規制があったりで、ぐるりと回り道してやっとたどり着けるような、訪れるにはなかなかたいへんなところです。

しかしながら、この公園では、尾瀬を気軽に体験することができます。

ありがたいなぁ。

f:id:nekoashifumino:20190518135402j:plain

駐車場から橋を渡ると…

f:id:nekoashifumino:20190518140007j:plain

立派な滝がお出迎えしてくれました。

 

尾瀬の思い出

実はわたくし、尾瀬にはトラウマがありまして。

私は一度だけ尾瀬を訪れたことがあるのですが…

鳩待峠から尾瀬の湿原へ向かう下りの坂道を歩いていたら、残雪で足を滑らせた誰かにぶつかられて転ぶわ(その人は大慌てで人ごみに紛れて逃げて行きました…)、木道を歩いていても、後ろから続々と人が来るのでまったく立ち止まることができないわ、とにかく混雑していて景色よりも人、人、人、の記憶しかございません。

もちろん、これは私個人の体験に基づくものであり、尾瀬に罪はないことをここで申しあげておきます。

f:id:nekoashifumino:20190518140738j:plain

このミニ尾瀬公園では、木道や遊歩道が整備されていて、静かに自分のペースで植物と風景を楽しむことができました。

f:id:nekoashifumino:20190518140626j:plain

水芭蕉!

f:id:nekoashifumino:20190518141058j:plain

なんとも心地よい小川。山に囲まれているところも、尾瀬の雰囲気を感じられます。

f:id:nekoashifumino:20190518143029j:plain

併設のカフェでコーヒーを飲みながら、まだ雪の残る燧ケ岳(ひうちがたけ)を眺める幸せ。

燧ケ岳は、尾瀬を代表する山です。もうこれで、大満足。

f:id:nekoashifumino:20190518143132j:plain

私は、このミニ尾瀬公園を尾瀬と思うことにします。

ここが私の尾瀬!ありがとう、ミニ尾瀬公園!!

 

山の神

ミニ尾瀬公園の中に、山の神様がお祀りされていました。

f:id:nekoashifumino:20190518142100j:plain

昔、村人たちが狩猟や畑仕事で山に入る折に、安全を祈願したのだそうです。

 

ミニ尾瀬公園の植物たち

たくさんのお花を楽しむことができるミニ尾瀬公園。

園内は湿原エリア、ロックガーデン、山野草エリアにわかれており、それぞれの場所でお花が咲いていました。

私が見たお花をいくつかご紹介します。(2019年5月18日現在の開花状況です)

ゴゼンタチバナ。

f:id:nekoashifumino:20190518142340j:plain

トガクシショウマ。

f:id:nekoashifumino:20190518142404j:plain

オサバグサ。

f:id:nekoashifumino:20190518142433j:plain

シラネアオイ。

f:id:nekoashifumino:20190518142607j:plain

サンカヨウ。

f:id:nekoashifumino:20190518142645j:plain

ニリンソウ。

f:id:nekoashifumino:20190518143336j:plain

ツバメオモト。

f:id:nekoashifumino:20190518143506j:plain

イカリソウ。

f:id:nekoashifumino:20190518143559j:plain

リュウキンカ。

f:id:nekoashifumino:20190518143828j:plain

私は植物に明るくないので、山を歩いていても何がどのお花かまったくわからないのですが、ここでは案内板を見ながら、ゆっくりお花たちを愛でることができました。

ご紹介した以外にも、ミニ尾瀬公園にはたくさんの種類のお花があります。

開花時期はそれぞれ違うのですが、4月下旬から8月までの間に行くとよいようです。

パンフレットによると、6月と7月に見頃を迎えるお花が多いもよう。

その年の気候によって前後する可能性はありますが…

 

檜枝岐村のみどころ

ご紹介した以外にも、檜枝岐村にはまだまだみどころがたくさん。

  • 気軽に立ち寄れる日帰り温泉
  • 「橋場のばんば」と呼ばれる縁結びと縁切りの神様
  • トレッキングを楽しめるお山が多い

などなど。

尾瀬へのアクセスも良好で、尾瀬観光の玄関口でもあります。

 

アクセス

ミニ尾瀬公園 福島県南会津郡檜枝岐村左通

営業時間:9:00~17:00

営業期間:4月下旬~11月上旬

入園料:おとな 500円(4月~8月)200円(9月~11月)

    中学生以下 200円(4月~8月)100円(9月~11月)

 

次回、「南会津日帰り旅~前澤曲家集落」へ続きます。

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村