インスタ映えしない毎日のおべんとうと休日のランチ

あなたは、お昼に何を召し上がっていますか?

サッと食べてゆっくり休憩したいという方がいらっしゃれば、おいしいものを時間をかけて食べたいという方もおられることでしょう。

本日は、限られた時間内で過ごすお昼休みのお話です。

 

 

私のサラメシ

私は、お弁当派です。

毎日お弁当を持参して、お昼休みに食べています。

朝食作りと並行してお弁当の用意をする日々です。

お昼休みになると、私はインターネットも見ず、おしゃべりもせず、黙々と集中してお弁当を食べています。

お弁当を用意してくれた、朝の私に感謝しつつ。(これは、友人に教わった方法です。自分のために何かをしたら、その自分に感謝するという、ステキな習慣!)

味わって、よく噛んで食べて、午後に備えます。

 

私が毎日おべんとうを持参する理由

私が毎日せっせとお弁当をこしらえているのには、理由があるのです。

  1. 通勤途中に昼食を買うためにお店に寄るのが面倒
  2. お昼休みに出かけるのも面倒
  3. 買ったものは毎日食べると飽きる
  4. 経済的な問題
  5. 栄養学的な問題

この箇条書きから、私がかなり消極的な理由で毎日お弁当を持参しているということが判明しました…

決して、お弁当作りが楽しくて大好きだから!というわけではないのです。

お弁当の準備は別に嫌いではありませんが、特に好きなわけではありません。

「どうしてもこれが食べたい!」わけではないものに、お金をかけるのは不本意。

タンパク質と野菜を絶妙なバランスで摂取したいし、自分にちょうどいい量を食べたい、という、きわめて単純な理由で、毎日せっせとお弁当を持って行っております。

 

私のおべんとうの中身

私のお弁当は、前日の晩ご飯のおかずを取り分けておき、朝あたため直してつめる、というスタイル。

簡単なものです。

例えば、夕食にハンバーグを作ったとします。

食事用に大きなもの、お弁当用に小さなものを形成して焼き、小さなものは冷ましてから冷蔵庫へ。

翌朝あたため直して、再び冷ましてからお弁当箱へ。

お弁当のおかずにならないような夕食(鍋物など)のときは、簡単なものを朝用意しています。

 

インスタ映えしないおべんとう

そんなわけで、私のお弁当は地味なものです。

インスタ映えなんてとんでもない!

お見せするほどのものではございません。

しかし!

先日、奇跡的な手抜きお弁当を持って行くことになったため、ここに発表いたします。

それは、こちら。

f:id:nekoashifumino:20190709121033j:plain

ちくわとキウイフルーツのお弁当!

ちくわはクリーム状のチーズが入っている市販のものです。

キウイフルーツは、皮をむいて切っただけ。

調理ゼロ!

「ほら、ひどいお弁当」

と同僚に見せたところ、大うけ!

「逆にインスタ映えするのでは?」

と言われたので、インスタグラムを利用していない私は、この奇跡のお弁当をブログで披露することに。

もちろん、これだけでは足りないので卵とチーズのサンドウィッチ(これまた簡単!)も持って行きました。

 

自分のおべんとう作りはたいへんではない

自分用なら、私はこんなお弁当でもじゅうぶんなのです。

「お弁当を持って行きたいけれど、面倒だな」

と思われている方に、「こんなのでもいいんだ!」と思っていただければ幸いです。

私はタンパク質と野菜(もしくは果物)を摂取することができればいいという考えなので、あのような究極のお弁当になりました。

もちろん、誰かのために作るお弁当となると、こうはいかないけれど…

自分がおいしく楽しく食べられれば、それでよしとしています。

 

休日のごほうびランチ

そんな私の休日のランチは、ごほうびと称してこんなものを。

f:id:nekoashifumino:20190707131456j:plain

カップ焼きそば!

すべての休日ではなく、ときどきのお楽しみとしています。

たまに食べるジャンクフードのおいしさよ。

お湯を入れるだけで食べられるという手軽さのありがたみが、身に沁みます。

こんなときは朝食と夕食にちょっぴり気を使って、1日のトータルで栄養を摂取できればいいのだ、ということにしております。

何事もほどほどに。

今の私が体調を安定して保つことができているのは、このいい加減な栄養管理のおかげかもしれません。

簡単すぎるお弁当生活、これからも続けます。