お洋服の福袋

福袋。なんとも魅力的な響きです。

何が入っているかわからない、何が出るかな的な楽しみが福袋の醍醐味ですが、近頃は中身がわかるものが増えています。

お得感がある福袋。でも、シンプルライフには、なかなかの強敵。ものによっては、一気に手持ちの量が増えてしまうからです。 

そんな福袋にどのように立ち向かうべきか。考えてみました。  

お洋服の福袋

福袋といえば、お洋服でしょう。コート、ニット、カットソー、マフラー。実物が見本として出ていて、サイズごとに売られていたり。「5万円相当が1万円」というステキな価格設定だったり。 

安いし、何が入っているかわかっているし、使いやすそうなものばかり、これはもう買うしかない! 

と、なってしまいがちですが… 

結局、着ない。せっかく中身がわかっていて納得して買ったはずなのに。 

お洋服の福袋の実態

コートは着てみたら重かった。ニットはチクチクする。カットソーの形が似合わない。マフラーは便利!だけど他は、なんか好きじゃない。 結局、使うのはマフラーだけ。 

なんてことになりがち。なぜでしょう?

それは、目が眩んだからです。お買い得というコトバに。このセットなら無難だから。好きなお店のものだから。いろいろ着回しできそうだから。

いろんな理由で購入した福袋ですが、実は、「お得だ、やったー!」というお正月ノリノリマジックに惑わされて買ってしまうものなのです。 

結局、愛用しているのはマフラーだけ。でもそのマフラー、1万円だったら買いますか?セールのこの時期、わざわざ微妙な素材感のマフラーを1万円で買うなんて。そのお金を出せば、もっとステキなものが買えるかも。 

マフラーだけでも使っているなら、まだいい方かもしれません。 

あーあ、なんか盛り上がって買っちゃったよ。と、結局後悔することになるのでは? 

私には、そんな苦い経験があります。なので、どんなに魅力的でも、お洋服の福袋は買わないと心に決めています。

私がお洋服の福袋を買わない理由

福袋用のお洋服って、イマイチなような気がするのです。中身がわかる福袋にありがちなことですが、福袋用に作られたお洋服は、素材がゴソゴソしていて着心地が悪かったり、デザインがもさっとしていたり、するような。私の気のせいかもしれませんが。 

売れ残ったプロパー商品の詰め合わせの方が高品質なのでは?それがたとえ前年のモデルだったとしても、プロパー価格で販売する気概を受け継いだものは、もっと名誉にかけて作られているような気がしてなりません。 

お洋服の福袋を買わないかわりに 

同じお金を出せば、もっとステキなものが買える、と気がついてからは、福袋マジックにかからなくなりました。 

同じ金額で、一点豪華主義を狙ったり、試着してよく吟味して、心から納得したものを複数枚選んだり、もっと楽しいお買い物ができるはず。

シンプルライフを目指す身としては、一気にお洋服の数を増やしてしまうのもどうかと思うのです。 

お買いもの失敗の心情

お洋服は、よく考えて買っても失敗してしまうことはあります。その場合は「あぁ、残念。よく考えたつもりだったのに」と思います。 

福袋などのお得感につられて買ってしまった場合は、「あぁ、やっぱり。あのときは考えなしに買ってしまったな」です。 

結局は失敗であるから、一見同じようにも見えますが、実はこのふたつ、大きく異なるのです。 

熟考の末のお買いものであれば、失敗は次回のショッピングの参考資料になります。 

例えばタートルネックのニットを購入したとします。きちんと試着して、着心地もばっちり、シルエットも美しかった。それなのに、実際に着て動いてみると、首の部分がすぐにぐずぐずになってしまう。

「あぁ、残念。よく考えたつもりだったのに」

そこで、チェックポイントが増えます。

「タートルネックのニットを買うときは、試着時に首を動かしてみる。すぐにぐずぐずになってしまうものは買わない」

お勉強させてくれてありがとう、というわけです。 

しかしながら、盛り上がって買ってしまった福袋の場合、

「あぁ、やっぱり。あのときは考えなしに買ってしまったな」

しょぼーん。一気に盛り上がり、一気に落ち込む。反省のポイントはお洋服にはなくて、自分のメンタルにあります。具体的なデータとしては残らないので、一年も経つと忘れてしまうのです。

一年後、

「今年も福袋あった!冷静に見てみれば、使えそうなものばかり。よし、今年こそ」

もはやエンドレスです。

 どうしても福袋を買いたい!ときは

そうは言っても、福袋が買いたい!だって、あのワクワク感とお正月気分がたまらない!!という方。 

食品や飲料などの、消えモノはいかがでしょう?お菓子やワインなど、今や様々なジャンルの福袋が販売されるようになりました。 

かくいう私も、毎年福袋を買うお店があるのです。 

それは…

f:id:nekoashifumino:20190119000020j:plain

ココイチ(カレー屋さんです)。

販売価格は2,000円(税込み)で、2,000円分の汚職事件もとい、お食事券、レトルトカレー2個、カップうどん1個が入っています。そして、福袋自体が保冷バッグなのです。 

私はカレーが好きなので、間違いなく食べる。ココイチにもよく行くので、お食事券も使う。保冷バッグはお買いものやお出かけの際に便利(実際、よく使います)。

なんて無駄がないんだ!!

どうしても福袋!の欲求を満たすこともでき、実際においしくいただいて、余計なものは増やさない。消えモノの福袋は、シンプルライフの味方です。

 

↓ ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村