似合わないけど好きな服

似合わないけど好きな服、あなたにはありませんか?

私は、あります!

似合わないとわかっているのに、大好き。

自分に似合わない服を手放したお話はこちら。

 

www.nekoashifumino.com

 

似合わない、と認めてあっさり諦める服もあれば、どうしても諦められない服もある。

ついつい買ってしまうけれど、やっぱり似合わない。着ない。手放す。でもやっぱりまた買ってしまう、という、謎の連鎖を繰り返してしまうファッションアイテムたち。

懲りない自分に呆れつつも、そんなに好きならなんとかしてあげようじゃないか、と、自分のために考えてみました。

 

 

似合わない服

私が似合わない服。

  • チノパン
  • ジーパン
  • ハーフパンツ
  • ポロシャツ
  • パーカ
  • 首の詰まったTシャツ
  • ジャージ
  • ジップアップブルゾン

伝統的かつ本格的カジュアル、スポーツテイストの雰囲気を醸し出しているものは、アウト!

本当に似合わなくて、着ると自分でも笑ってしまうほどひどいものです。

 

似合わないけど好きな服

そんなに似合わないのに、なぜか大好きな服が、この中にあります。

それは、ジーパンとパーカです。

ぴったりしたもの、ルーズなもの、シルエットはさまざまで、カジュアルからドレッシーな装いまで、いまや多くのシーンに欠かせないデニム。

しかしながら、私はどのデザインをはいても、似合わない。情けないくらい、ほんとに似合わない。

フード付きのパーカも、大好き!だけど、やっぱり似合わない。なんだかとっても野暮ったくなってしまう。

 

デニムをはきたい!

f:id:nekoashifumino:20111208161046j:plain

Image by jarmoluk on Pixabay

デニムをどうしてもはきたくて、何度もトライするものの、いつもみごとに失敗してしまいます。

でも、はきたいのだ!

そんな自分を救済すべく、私は考えました。手持ちの服とにらめっこしながら。

すると、ひらめいた!

デニムだけで着なければ、なんとかなるのでは?ということに。

私は丈の長いスカートが好きなのですが、持っているワンピースにちょっと寸足らずなものがあるのです。

この下に、デニムをはいてみたらどうだろう?

恐る恐る鏡で確認すると、悪くない!

裾をロールアップしてベストな丈を探し、軽やかに見えるように工夫すると、なんとなくこなれた感じになりました。

よし、これで行こう。

 

パーカを着たい!

続いて、パーカ。

なぜそんなに着たいの?と聞かれても、自分ではわからない。

でも、着たい!

ジップアップのものはさらに似合わないので、かぶりのデザインを選びます。

デニムとパーカのセットは憧れですが、私にはご法度。

カジュアルなもの同士を組み合わせると、ものすごくあか抜けなくなってしまいます。

またもや手持ちの服で色々試してみたところ…

どうやら、ジャンパースカートと合わせると、いいようです。

あとは、下にプリーツのロングスカートを合わせるとか、フレアロングスカートを合わせるとか。

カジュアルなものとそうでないものを組み合わせると、なんとなくマシになるような。

これは、デニムにも言えることですが。

 

似合わない服は工夫次第でなんとかなる

似合わないけれど着たい服を着るには、努力が必要です。

だって、似合わないのですから。それなりにがんばらないと。

せっかく着ないお洋服を手放したのだから、わざわざ得意でない服に合うものを買いに走るのは本末転倒。

手持ちのもので、なんとかしたいものです。そのためのがんばりは、ちょっとめんどう。

しかしその労力を惜しむか惜しまないかによって、その服を手放すか否かが決まるのだと思います。

これ、気に入っているんだけど、似合わないんだけど、でも着たい!

なのか、

これ、気に入っているんだけど、似合わないんだけど、着たいけど、めんどう。

なのか。

ここが運命の分かれ道。もしも後者になったら、いさぎよくお別れします。

似合わないとわかっていたとしても、好きなお洋服を着ている!という、うれしい気持ちを大切にしたいと思う今日このごろです。

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村