岩槻久伊豆神社参拝と御朱印

先日、さいたま市にある岩槻城址公園を訪れた際、気になる神社を見つけました。

その日は時間が遅かったので諦めて、後日再びさいたま市岩槻区を訪れ、神社に参拝してまいりました。

前回の岩槻城址公園訪問のお話は、こちらからどうぞ。

 

www.nekoashifumino.com

 

久伊豆神社 

さいたま市岩槻区は、歴史ある城下町です。

この地は、江戸城の鬼門除けとして、徳川家康に大切にされたのだそう。

岩槻城築城の際に総鎮守として創建されたため、境内は岩槻城址の一部なのだとか。

久伊豆神社と言えば…

以前参拝した埼玉県加須市の玉敷神社は、久伊豆神社の総本社でした。

 


www.nekoashifumino.com

 

埼玉県と久伊豆神社

久伊豆神社は、平安時代に武蔵野で勢力を誇った武士集団「武蔵七党」の一部から崇敬を集めていました。

そのため、彼らの勢力範囲であった元荒川流域に久伊豆信仰が広まりました。

元荒川流域というのが、現在の埼玉県なのです。

したがって、埼玉県にはそれだけたくさんの久伊豆神社があるというわけです。

 

久伊豆神社の御祭神と御神徳

御祭神は、大国主命(オオクニヌシノミコト)。

さまざまな御神徳を兼ね備えた神様で、縁結びの神様としても信仰されているのだそう。

「縁」というと、人と人とつなぐものを思い浮かべがちですが、仕事、社会など、幅広い意味で私たちの生活に重要なものです。

縁結びのほかにも、

  • 子授・安産
  • 除災招福
  • 商売
  • 農工
  • 医療

の御神徳があるそうです。

 

クイズ神社?

久伊豆神社はヒサイズと読みますが、クイズとも読める!

ということで、アメリカ横断ウルトラクイズ(懐かしい…)の予選会場になったことがあるそうです。

なんとも懐の深い神社ですね。

 

久伊豆神社の参道

いよいよ参拝です。

f:id:nekoashifumino:20190409103303j:plain:w600

この場所は車が多い通りに面しているので、ご注意ください。

f:id:nekoashifumino:20190409103320j:plain:w600

美しく長い、区切りのない参道を行きます。

街中にある神社の長い参道は、一般道、もしくは駐車場へ出入りするための道で数か所区切られていて、車に注意しながら渡る、ということがあるのですが、ここはそのようなことはありませんでした。

この日はとても風の強い日だったのですが、参道沿いの木々が遮ってくれました。

f:id:nekoashifumino:20190409103544j:plain:w600

お天気が良いと、こんなに美しい木漏れ日が。

 

明戸庚申

鳥居をくぐるとすぐに、明戸庚申(アケドコウシン)があります。

f:id:nekoashifumino:20190409103719j:plain:w600

明治時代、岩槻城廃城の際に、お城の明戸口にあった庚申社をこの場所に移築したことから、この名がついたそうです。

交通安全、開運除災の御神徳がある、猿田彦神(サルタヒコノカミ)がお祀りされています。

 

神苑

明戸庚申の向かいにある、枯山水のお庭です。

f:id:nekoashifumino:20190409103857j:plain:w600

桜の花びらが、池の水の役割をみごとに果たしていました。

 

久伊豆神社拝殿と本殿

拝殿に向かって歩いていたら…

f:id:nekoashifumino:20190409103932j:plain:w600

ニワトリ!

とても立派なニワトリたちが、境内を自由に歩き回っていました。

拝殿。

f:id:nekoashifumino:20190409104157j:plain:w600

心静かに参拝していたら、背後からにぎやかな一団が。

振り返ると、かわいらしいちびっ子軍団でした。

参道の途中にある岩槻保育園の子どもたちが、先生と一緒にお参りに来ていました。

慣れた様子で境内を歩く子どもたち。日課なのでしょうか?

本殿のようす。

f:id:nekoashifumino:20190409104438j:plain:w600

柵が低かったので、よく見えました。

 

伏見稲荷神社

本殿のお隣にある、伏見稲荷神社です。

f:id:nekoashifumino:20190409104459j:plain:w600

宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)をお祀りする、いわゆるお稲荷さんです。

 

榛名神社

本殿裏の榛名神社です。

f:id:nekoashifumino:20190409110754j:plain:w600

群馬県高崎にある榛名神社の御祭神、火の神、火産霊神(ホムスビノカミ)と、土の神、埴山毘売神(ハニヤマヒメノカミ)がお祀りされています。

 

北野天満宮

f:id:nekoashifumino:20190409111022j:plain:w600

修学旅行で行ったなぁ。牛さんをなでなでしたっけ…

と思っていたら、おられました。

f:id:nekoashifumino:20190409111050j:plain:w600

撫で牛さん。せっかくなので、なでなで。

こちらの北野天満宮は、京都の北野天満宮より御霊を勧請した末社なのだそう。

御祭神は、ご存知、菅原道真公。

学問成就のほかに、諸芸上達のご利益もあるそうです。

 

久伊豆神社のクジャク

境内には、美しいクジャクがいました。

f:id:nekoashifumino:20190409111439j:plain:w600

昭和13年に皇族の朝香宮(アサカノミヤ)殿下が岩槻にお越しの際に、クジャク3羽を奉納されたのだそう。

現在、大切に飼育されているのは、その子孫なのですって。

 

久伊豆神社の御朱印

御朱印をいただきました。

f:id:nekoashifumino:20190409140231j:plain:h600 

毎月9日は、羽を広げたクジャクの印を押していただけるのだそう。

何も知らずに行ったのですが、ラッキーでした!

 

城下町と神社

城下町には、古い歴史があります。その分、立派な寺社が多い場所でもあります。

お城の敷地にあり、お城の守護神として大切にされてきたこの神社は、お城はすでにない現在も地域の方々に親しまれ、そしてこれからも大切にされてゆくのでしょう。

どことなく誇り高い雰囲気が漂う神社でした。

 

アクセス

久伊豆神社

埼玉県さいたま市岩槻区宮町2丁目6番55号

鉄 道:東武アーバンパークライン岩槻駅より徒歩15分

自動車:東北自動車道岩槻I.C.より10分

    無料駐車場(5:00‐18:00)*利用時間が変更される場合あり

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村