伊勢志摩の旅 鳥羽水族館編

伊勢志摩の旅も、ついに最終日。

これまでの旅のようすは、こちらからどうぞ。

www.nekoashifumino.com
www.nekoashifumino.com
www.nekoashifumino.com

 

鳥羽駅でレンタカーを返却するので、鳥羽駅近くの鳥羽水族館へ行くことにしました。

ぎりぎりまで遊んで、レンタカーを返してちょうどよい列車に乗れば、むだがありません。

宿泊地のクインテッサホテル伊勢志摩を出発。お世話になりました。

私にとって、とても良いホテルでした。スタッフの方の感じがよく、大浴場は広々として体が温まり、売店でおみやげを買うことができたし、朝食がおいしかった。和食レストランがあるのも便利でした。立地もよくて、ドラッグストアやイオンが近くにあって、助かりました。ありがとう。

鳥羽水族館

鳥羽水族館は、ホテルから車で30分ほどでした。

駐車場は有料で、入り口で支払うシステム。料金は800円です。

駐車場から水族館までの歩道に、かわいらしいタイルを発見!

f:id:nekoashifumino:20190204125339j:plain:h600 

f:id:nekoashifumino:20190204125444j:plain:h600 

f:id:nekoashifumino:20190204125529j:plain:h600 

こういうの、大好きです。わくわくします。

鳥羽水族館は、飼育生物の種類が、日本一多いのだそうです。入場料金は、2,500円です。

この水族館には順路がなく、好きな場所を好きなように見学できます。通路が広いので、行き来がしやすかったです。自由でいいなぁ。順路が決まっていると、ついつい「守らねば!」と思ってしまう私にとって、好きにウロウロできるのはとっても楽しかったです。

ジュゴンのセレナちゃん。

f:id:nekoashifumino:20190204125614j:plain:h600 

人魚姫です。私が見ている間、ひたすらずーっと食べていました。これだけの巨体を維持するのは、たいへんですね。

私がこの水族館でもっとも印象深かったのは、ラッコのお食事タイム!

ラッコちゃんが飼育員さんからもらった貝をかわいく食べるのだろう、という私の予想のはるか斜め上を行くまさかの展開に!!

ラッコちゃんのお部屋に、飼育員さん登場。するとラッコちゃん、なんと水槽からあがってきて、後ろ足で立ったり、飼育員さんが開けた扉を閉めたり。貝をもらうと上手に食べ、ひとつ食べ終わるごとに飼育員さんと、「イエーイ!」と言わんばかりのハイタッチ!その他、たくさんの芸を見せてくれました。ラッコって、おりこうなのですね。これもひとえに、飼育員さんとの信頼関係のなせる業なのでしょう。もう、かわいくてかわいくて目が離せず、メロメロに。写真など、撮っている場合ではありませんでした。

他にも、珍しいスナドリネコや、愛らしいスナメリなど、今まで見たことのなかった生きものたちと出会うことができました。行ってよかった!


www.aquarium.co.jp

鳥羽駅

鳥羽駅へ。水族館から駅までは、車で1~2分というところでしょうか。ここで、レンタカーともお別れです。ありがとう。

列車の時間は調べておいたので、それに合わせて行ったのでした。窓口で名古屋までの乗車券・特急券を買い、待合コーナーへ。椅子がたくさんあって、大きな窓からは海が見えました。時間までここでおみやげをまとめたり、ひと休みしたり。

駅周辺にはたくさんのおみやげやさんがあり、初日には「帰りに寄ってみよう」と思っていたのですが、もうじゅうぶん楽しんでおなかいっぱいに。鳥羽は駅の近くにいろいろあるので、観光にとても便利です。水族館のほかにも、真珠島や、観光船、海沿いの遊歩道、足湯がありました。街歩きも楽しめそうです。

ぴよりん

名古屋駅で新幹線に乗り換える前に、お茶を飲んで一息入れたい。荷物を持って歩き回りましたが、駅構内は人が多くてたいへん。そこで、初日に寄ったTRAZIONE NAGOYA(トラッツィオーネ ナゴヤ)へ。

気になっていた「ぴよりん」をオーダーしてみました。

f:id:nekoashifumino:20190204125703j:plain:h600 

かわいらしいぴよりんは、名古屋コーチンを使ったプリンなのだそうです。

スプーンを差し込むのを躊躇するかわいさ。「ごめんよ」と言つつ、いただきました。かわいいだけでなく、とてもおいしかったです。近くだったら、しょっちゅう買いに行くだろうなぁ。おみやげにしても、喜ばれそうです。

平日の夕方の新幹線は混んでいましたが、なんとか指定席をゲット。ぴよりんのおかげで、無事に東京駅にたどり着くことができました。

まとめ

初めて訪れた伊勢志摩は、本当にすばらしかったです。

特にすばらしかったのは、

  1. 風景
  2. 食べもの

の3つ。どれも旅に欠くことのできない、重要なものです。

1.風景

美しいリアス式海岸は、本当に美しかった!

日本海の荒々しさも、太平洋の雄大さも、瀬戸内海の優しさも、みんなそれぞれすばらしいのですが、そのいずれとも違う海を見せてくれました。私は、繊細な海、という印象を受けました。思わぬところで入り江に遭遇したりして、車の運転がとても楽しかったです。これは川ではなくて海なんだ、と思うだけでわくわく。ここからからこっちは陸でそっちは海、という線引きがないのが不思議でたまらず、おもしろくてしかたなかったのです。

2.食べもの

なんといっても伊勢うどん!大好きになってしまいました。

ほかにも、松坂牛、海の幸、それから酪農も盛んなようで、アイスクリームもおいしかったです。赤福もおいしそうだったなぁ。私はあんこが食べられないので、とても残念でした。伊勢茶も有名ですね。自分みやげに買ったあおさも、さわやかな風味でとても気に入りました。

3.人

そして、一番良かったのが、人!旅で出会ったのは、みんないい方ばかりでした。

ホテルの方、お店の方、レストランの方、レンタカー屋さん、駅の職員さん、その他、みなさん、本当に素敵な方々ばかり。とても感じよく優しく、独特のイントネーションが耳に心地よく、とても楽しく旅することができました。

旅の印象とは、実はかなり人に左右されるものだと、私は思っています。みなさん、どうもありがとうございました。

ぜひ、また行きたいです。

今度は、愛車で行こうかな。そうすれば、いくら荷物が増えても問題なし。おみやげ買い放題だし。

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村