伊勢志摩の旅 伊勢神宮内宮編

旅の3日目。

これまでの旅のようすは、こちらからどうぞ。 

www.nekoashifumino.com 

www.nekoashifumino.com

 

この日のメインイベントは、伊勢神宮内宮への参拝です。

伊勢神宮内宮

前日の外宮参拝と同様、朝早くホテルを出発。内宮へ向かいます。

早い時間だったからか内宮にほど近いA4駐車場を利用することができました。入り口でチケットを取る、コインパーキング形式の駐車場です。

この日は風がとても強く寒い日でした。そのおかげで、気持ちの引き締まる、内宮参拝に最適の日でした。

f:id:nekoashifumino:20190204123124j:plain:h600 

宇治橋を渡ります。ちょうど鳥居の中に太陽が。

左側通行だった外宮と違って、内宮は右側通行なのだそうです。橋の端(だじゃれ!)にじゅうたんのようなものが敷かれていたので、その上を歩きました。

外宮の参拝順序を守れなかったので、内宮の順路は遵守することに。メモを手に進みます。

内宮の参拝は、

宇治橋→神苑→手水舎→御手洗場→御正宮→荒祭宮→風日祈宮→子安神社

の順で行いました。

手水舎で手と口を清めたら、御手洗場(みたらしば)である五十鈴川へ。

 f:id:nekoashifumino:20190204123420j:plain:h600 

ここでも手を清めました。腕が短い私は、精いっぱい手を伸ばしてようやく指先だけが川面につくありさま。思わず「押すなよ、押すなよ」と言いたくなるほど、そのまま川に転げ落ちそうな状態でした(もちろん、言いませんでしたが)。

そこから玉砂利をひたすら歩いて御正宮へ。

ここから先は撮影禁止です。

 f:id:nekoashifumino:20190204123602j:plain:h600

お祈りの途中、ふと見ると、白絹の御幌(みとばり)が風にあおられて捲れ上がったのです。風の強い日ではあったものの、なんとも神秘的な体験でした。歓迎してくださったのかもしれない、とあたたかな気持ちになりました。

内宮の御朱印。

f:id:nekoashifumino:20190204183529j:plain:h600

参集殿という休憩所の近くの小さなお池に、美しい鯉がたくさんいました。 

f:id:nekoashifumino:20190204124103j:plain:h600 

私が近づいても、「何かちょうだい!おなかすいた!!」と口を開けてどんどん寄ってくることは決してなく、ただ静かにしているさまがとても上品でした。

参集殿では、あたたかいお茶が無料でいただけます。寒い日だったので、とてもありがたかったです。

おはらい町

参拝を終えたら、おはらい町へ。

f:id:nekoashifumino:20190204124413j:plain:h600 

こちらで楽しみにしていたのは、食べ歩き!お店でゆったりお食事もいいけれど、土地のおいしいものを食べながら歩くのは、こういう場所の醍醐味です。

私は福まんという、松坂牛のしぐれ煮が入ったご当地肉まんと、天ぷらという名の、魚のすり身を油で揚げたさつまあげのようなものを食べました。どちらもおいしかった!

おはらい町の一角には、おかげ横丁という江戸時代のお伊勢参りを再現した町もあります。

おみやげを買ったり、グルメを楽しんだり、見て歩くだけでも楽しい場所でした。

そんな風情あるおはらい町でひときわ目立っていたのが、名物赤福の本店です。

f:id:nekoashifumino:20190204124548j:plain:h600 

五十鈴川にかかる橋から見ると、こんな感じ。重厚な甍と、お手入れされた松が美しい!さすがです。

月読宮

続いて、月読宮へ移動。内宮から車で5分ほどです。

駐車場を出てびっくり!道路が大渋滞していたのです。駐車場の空き待ちのためのレーンがあり、60分待ちとのこと。平日だったのに!!早く来て、大正解でした。朝の参拝のために、外宮と内宮の参拝を2日に分けた甲斐がありました。お時間に余裕があれば、この方法をお勧めします。

月読宮のご祭神は、月読尊。天照大神の弟神です。4つの別宮が並んでおり、参拝の順序が決められています。

向かって右の2つ。

f:id:nekoashifumino:20190204124720j:plain:w600 

順序は、左の月読宮から、右の月読荒御魂宮。

向かって左の2つ。

f:id:nekoashifumino:20190204124944j:plain:w600 

順序は、右の伊佐奈岐宮、左の伊佐奈弥宮。

この順番は、覚えてから行く必要はありません。境内に看板があるので、参拝前に確認することができます。

月読宮の御朱印。

f:id:nekoashifumino:20190204183559j:plain:h600 

賢島エスパーニャクルーズ

参拝を終えたら、宿泊地である志摩へ戻ることにしました。

まだ時間が早かったため、宿泊しているクインテッサホテル伊勢志摩から車で5分ほどのところにある、賢島(かしこじま)エスパーニャクルーズへ。

観光クルーズ船に乗って、美しい英虞湾(あごわん)を巡ります。

賢島を出発!

f:id:nekoashifumino:20190204125051j:plain:h600

本来ならば大きなスペイン風の船で行くそうなのですが、この日はメンテナンスのため、小さな船でした。でもそのおかげで、窓から海が近い!

いつもはきっと穏やかであろう英虞湾。この日は風が強かったため、思ったよりも揺れました。

f:id:nekoashifumino:20190204123829j:plain:h600 

揺れはほんの少しでしたが、船酔いする質の私は若干の不安が…

途中で、養殖真珠の核入れ作業の実演を見学するということで、工場に上陸して、ひと安心。なんとか船酔いせずに済みました。

f:id:nekoashifumino:20190204125131j:plain:w600 

工場の船着場から見た景色。それにしても、美しい眺めです。

私は広島県の尾道が大好きで、何度も訪れています。瀬戸内の穏やかな海と島々の眺めを愛してやまないのですが、この英虞湾もなかなか。リアス式海岸が見せる美しさは、また格別のものがありました。

賢島駅

クルーズ後、すぐそばにある賢島駅へ行ってみました。

f:id:nekoashifumino:20190204125214j:plain:h600

近鉄志摩線の終着駅で、近鉄線の最南端の駅でもあるそうです。

f:id:nekoashifumino:20190204125257j:plain:h600

立派な特急列車たち。終着駅ならではの光景です。

この駅の2階には、伊勢志摩サミット記念館と、カフェがあります。せっかくなので、カフェでひと休みすることに。

お昼は食べ歩きだったので、中途半端におなかが空いてしまい、お茶だけのつもりが、ホットケーキも。おなかが空いていたので、撮影し忘れました。

列車たちを上から眺めつついただきました。不思議な光景。

伊勢志摩サミット記念館は、無料で見学できます。賢島は、サミット期間中、参加国の要人たちが宿泊した場所なのだそうです。

トスカーナ

またしても伊勢志摩を満喫した旅の3日目。宿泊中のクインテッサホテル伊勢志摩に戻ってひと休みしたら、ホテルのお隣にあるトスカーナというイタリアンレストランへ。

徒歩1分もかからない、ステキな立地です。

ディナータイムの始まる18時ちょうどに行ってみると、すでに先客が。その後も続々とお客さんが来て、平日のずいぶん早い時間にもかかわらず、にぎわっていました。

shima-toscana.com

私は、「チーズ!チーズパスタ!カチョエペペ風胡桃入り 三重県産蜂蜜添え」をチョイス。またしても写真はありません…

美味でした!食べきるかな、とちょっと不安になりましたが、ぺろりと平らげました。グラスワインは表面張力ぎりぎりまで注いでくれて、大満足。その名も、「たっぷり220ml限界グラスワイン」!!メニューが豊富で、悩みました。大人数で行くと、いろいろ楽しめていいな、と思いました。地元の方がたくさん来ておられたのも、納得。人気のお店なのでしょう。

おいしいものをたくさん食べて、ゆっくりお風呂に入り、最終日に備えます。

 

世界中8000万人が利用する話題のホテル検索サイト『トリバゴ』

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村