伊勢志摩の旅 伊勢神宮外宮編

伊勢志摩への旅2日目。

初日のようすは、こちらからどうぞ。 

www.nekoashifumino.com

 この旅の最大の目的は、伊勢神宮参拝です。

事前に調査した結果、参拝は午前中、できるだけ早い時間が望ましいとのこと。さっさと起きて、出発です!

伊勢神宮外宮

伊勢神宮は、外宮→内宮の順に参拝するのが正式な順序なのだそうです。ホテルから車で35分ほどで、外宮の駐車場に到着しました。外宮の駐車料金は、無料です。

火除橋を渡って手水舎で清めたら、いざ出発!f:id:nekoashifumino:20190204120909j:plain:w600 

外宮は、左側通行なのだそうです。なるべく左側に寄って歩きました。

外宮には、産業と衣食住の神様である豊受大御神(とようけのおおみかみ)がお祀りされている御正宮をはじめ、別宮が3社あります。もちろん、すべて参拝します。

参拝の順序がガイドブックに書いてあったような?あれ、ガイドブック、車に置いてきてしまった!

もちろん記憶しているはずもなく、結局、参拝順序はめちゃくちゃになってしまいました。神様、ごめんなさい。

正しい参拝順序は、御正宮→多賀宮→土宮→風宮→神楽殿→月夜見宮(ここだけ敷地外にあります)です。

御正宮の鳥居から先は、撮影禁止。

 f:id:nekoashifumino:20190204121750j:plain:w600

厳かな雰囲気です。心静かに参拝しました。

外宮の御朱印。

f:id:nekoashifumino:20190204183241j:plain:h600

猿田彦神社

外宮参拝後は、猿田彦神社へ。外宮から車で5分ほどで到着。駐車場はコインパーキング式で、30分以内は無料でした。

f:id:nekoashifumino:20190204121902j:plain:h600

猿田彦神の子孫である大田命は、天照大神を祀る土地を探していた倭姫命に、現在の内宮がある場所をお勧めしたそうです。伊勢神宮とゆかりの深い神社です。

境内には佐瑠女神社もありました。こちらは、芸能の神様。縁結びの神様としても有名だそうで、多くの人々が参拝していました。

猿田彦神社の御朱印。

f:id:nekoashifumino:20190204183300j:plain:h600 

倭姫宮

続いては、内宮の別宮である、倭姫宮(やまとひめのみや)へ。猿田彦神社からは車で5分ほど。駐車場は、同じ敷地にある神宮徴古館のものを利用しました。料金は無料です。

倭姫命(やまとひめのみこと)をお祀りするこの神社。

f:id:nekoashifumino:20190204121815j:plain:h600

優しい雰囲気のお社でした。

先ほど少し触れたように、天照大神をお祀りするにあたって、その土地探しを担当したのが、倭姫命です。

伊勢神宮には、別宮など数多くの神社が存在し、それぞれの御由緒はとても古いものが多い中、ここは大正時代に創立された、新しいものだそうです。

新しいとはいえ、厳かな空気が流れていることにかわりはありません。心落ち着く場所でした。

倭姫宮の御朱印。

f:id:nekoashifumino:20190204183432j:plain:h600 

神宮徴古館

倭姫宮から歩いてすぐのところに、神宮徴古館はあります。

伊勢神宮では、数多くのお祭りがおこなわれているそうです。その数、年間1,500回以上!この神宮徴古館には、そのお祭り関連のものや、式年遷宮で入れ替えられた宝物類が展示されていました。

 f:id:nekoashifumino:20190204122120j:plain:w600

その展示品の数々もすばらしかったのですが、この建築も見事!

設計は、片山東熊氏。迎賓館を手掛けた、当時の宮廷建築の第一人者とのこと。この建物は現在、国の登録有形文化財なのだそうです。

入館料は700円。同じチケットで、神宮農業館も見学できます。休館日は毎週木曜日です。

伊雑宮

伊雑宮(いざわのみや)は、内宮の別宮で、志摩市にあります。神宮徴古館からは、車で30分ほど。駐車場は無料です。

f:id:nekoashifumino:20190204122247j:plain:h600

この日は一日中曇っていたのですが、私がここに来た瞬間、さっと陽射しが。このあと、なんと晴れたのでした。不思議。

とても静かで、心が洗われるようでした。あまりにも気分がよいので、ひとりでしばらく佇んでしまったほど。とても素敵なところでした。

実は、ホテルから車で10分ほどで近いから、という理由で訪れたのですが、私にとって、最も印象深いお社となりました。

伊雑宮の御朱印。

f:id:nekoashifumino:20190204183512j:plain:h600

横山展望台

伊雑宮からホテルに戻る途中に発見した、「横山展望台」の看板。行ってみることにしました。

最後の坂は道幅が狭い上にかなりの急勾配!レンタカーさん、がんばれ!!と心の中で応援しつつ進みました。

駐車場は無料です。車を降りると、階段とスロープを発見。階段は森の中、スロープは景色を見ながら歩くことができます。私は迷わずスロープをチョイス。

つづら折りのスロープをしばらく進むと、頂上に到着!

f:id:nekoashifumino:20190204122453j:plain:h600

この眺め!川のように見えますが、すべて入江。リアス式海岸です。ポコポコした緑と、美しい入り江のハーモニー。しばし見入ってしまいました。

すると、何やら気になるものを発見。入り江沿いの道を、車が走っているではありませんか。入り江沿いのドライブ!行ってみたい!!暗くなる前に行こうと、大急ぎで駐車場に戻ったのでありました。

浜島

なんとなく勘で行ってみたら、入り江沿いの道に出ました。あとで調べたところ、県道17号線でした。

とにかく気が済むところまで進もう、というのが、ひとりドライブの醍醐味。鼻歌が出そうなくらいご機嫌で走りました。時々、突然現れる入江。あまりの美しさに目を奪われてわき見運転しないように、安全運転を心がけていつも以上に慎重に。

山を一つ越えたら、いきなり目の前が開けました。海です!

地図を見ると、浜島町浜島という場所でした。小さな公園の駐車場に車を置いて、浜辺へ。

f:id:nekoashifumino:20190204122621j:plain:w600

靴の中が砂だらけになっても気にせず、どんどん歩きました。美しい夕日が、熊野灘に沈もうとする時間。浜辺にはほかに誰もおらず、すばらしい風景を独り占め。ステキな時間でした。

茄子香

真っ暗になる前にホテルへ戻りました。さて、今日の夕食は?朝から一日中動き回ったこの日は、買いに行くのも食べに行くのも面倒になってしまいました。

そこで、宿泊しているクインテッサホテル伊勢志摩の地下にあるレストラン、茄子香へ行ってみることに。

茄子香は和食のお食事処です。伊勢志摩の名物、お肉から海鮮まで、さまざまなメニューが。私は…

f:id:nekoashifumino:20190204164645j:plain:w600

釜揚げ伊勢うどんセット!松坂牛でもなく海鮮丼でもなく、断固伊勢うどん!!

私は、伊勢うどんがとても気に入ってしまったのです。朝食バイキングでも、いつも必ず食べていました。やわらかいおうどんが好きなので、すっかりはまってしまったのでした。好きな食べ物を記入する欄があったら、これからは「伊勢うどん」と書こう!(そんなシーンは、オトナになった今、もうないかとは思いますが) 

伊勢志摩を満喫した一日。翌日は、いよいよ内宮へ!

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村