伊勢志摩への旅 パールロード編

3泊4日で伊勢志摩を旅しました。私にとって、三重県は初めて訪れる地。

私がどんなプランで旅を楽しんだのか、1日ずつレポートします。

名古屋まで

私は関東地方在住です。三重県へ行くには、名古屋へ出る必要があります。

まずは、新幹線で名古屋まで。東京駅から、のぞみで約1時間40分、こだまで約2時間かかります。

移動時間短縮のため、今回はのぞみにしました。料金は指定席で片道約11,000円ほど。

名古屋駅に初めて降り立った私。名古屋はこれまでの私にとって通過する駅でした。そのため、もちろん不案内です。

まずは、次に乗る近鉄線の場所を確認。その途中に見つけたのが、駅構内にあるTRAZIONE NAGOYA(トラッツィオーネ ナゴヤ)です。

f:id:nekoashifumino:20190204120638j:plain:w600

ここで、あこがれの名古屋モーニングに挑戦!こちらは、トーストモーニング。トースト、ゆで卵、ホットコーヒー。

名物小倉トーストもありましたが、私はあんこを食べると胸焼けしてしまうので、泣く泣く断念。あんこ、大好きなのに…(涙)

ひと休みしたら、近鉄線乗り場へGO!

近鉄線

鳥羽駅までの乗車券・特急券を買いました。名古屋から鳥羽まで、片道3,030円、乗車時間は約1時間40分です。

 f:id:nekoashifumino:20190204120703j:plain:h600

ちょっとレトロな雰囲気の車両でした。

名古屋駅を出発!まったく土地勘のない私は、車窓からの眺めが珍しくてたまりませんでした。

出発直後はきれいに晴れていたのですが、列車が進むにつれ、雲行きが怪しくなり… 途中の四日市周辺では、一面の銀世界に!えっ、雪?と大慌て。

このままずっと雪景色だったらどうしよう?伊勢志摩をレンタカーで走り回る予定だったので、内心ヒヤヒヤ。すると、津を過ぎたあたりで雪は消え、いつの間にか空はすっきりと晴れ渡りました。

穏やかに晴れた車窓からは、海が見え隠れ。ワクワクしながら、鳥羽駅に無事到着したのでありました。

鳥羽駅

鳥羽駅で下車。

 f:id:nekoashifumino:20190204120721j:plain:h600

こんなオブジェがお出迎えしてくれました。さすが、真珠の街です。

駅を出て、予約していたレンタカー屋さんへ。手続きを終えると、

「あの、このあたりは雪が降りますか?」

先ほどの雪景色が忘れられなかった私は、レンタカー屋さんに確認せずにはいられませんでした。

「めったに降りませんよ。もし降ったとしても、積もりません。鈴鹿山脈周辺はよく降りますが、このへんは大丈夫ですよ」

とのこと。一安心!

鳥羽駅周辺には、お土産屋さん、レストランがたくさん。とても気になったけれど、まだ旅の初日なので、とりあえず移動することに。今回の宿泊地は志摩にしました。そこまでは、パールロードという、鳥羽と志摩を結ぶ海沿いのドライブコースを走ります。

パールロード

志摩へ向けて、出発!パールロードを軽快に走り、途中の鳥羽展望台へ。

レストランVista Mare(ヴィスタ マーレ)でランチタイムです。

f:id:nekoashifumino:20190204120815j:plain:w600 

運よく窓際の席に座ることができました。この眺め!絶景です。

私は、とばーがーセットにしてみました。

 f:id:nekoashifumino:20190204120746j:plain:w600

とばーがーとは、鳥羽の食材を使ったバーガーで、具はお店によって異なるのだそう。まさに、ご当地メニューです。このお店のとばーがーは、イセエビのクリームコロッケが挟まっていました。豪華!美味でした。

パールロードは、アップダウンとカーブが続く道です。リアス式海岸を体感できる、楽しいドライブでした。

石神さん(神明神社)

私がこの旅で楽しみにしていたことの一つが、石神さんへのお参り。

石神さんとは、鳥羽にある神社で、古くから海女さんたちの信仰を集めてきたそうです。女性のお願い事を一つ叶えてくれるとのこと。

相差(おうさつ)という場所から、いったんパールロードから離れて進んでみると…

なんと、駐車場が満車!小さな駐車場だったので、しかたないのですが。私は、混雑しているところが苦手です。このようすだと、神社にはたくさんの人がいるはず。

結局、あっさり諦めることに。今回はご縁がなかったということで。

さて、どうしよう。せっかく来たのだから、どこかへ寄っていきたいな。そういえば、途中でちょっと気になる場所があったような。

海の博物館

パールロードを走っているとき、鳥羽展望台の手前に、「海の博物館」という看板があったのです。何が気になったかというと、「カフェ」の文字があったのでした。では、ちょっとお茶でもしましょうか。もと来た道を戻ることしばし。

カフェでコーヒーを飲んで一息ついたら、博物館内にあるミュージアムショップへ。そこで、なんとも魅力的なものを発見!

海女さんたちのお守り、セーマンドーマン(ドーマンセーマンともいうそうです)のキーホルダーです。

片面

 f:id:nekoashifumino:20190204163001j:plain:h600

反対側の面

 f:id:nekoashifumino:20190204162950j:plain:h600

先ほど諦めた石神さん。お参りはもちろんのこと、実は海女さんたちの手作りだというこの印が入ったお守りが欲しかったのです。それが、こんなところに!

もう、これで大満足。ここへ来てよかった!!これもきっと、誰かの手作りのはず。このキーホルダーを、私のお守りにすることに。大切にしよう。

この博物館、とても魅力的だったのですが、今回はここで時間切れ。後ろ髪をひかれつつ、宿へ向かいました。

時間があったら、中を見学したかった。併設のカフェも静かで店員さんもステキで、ここでお昼でもよかったな、と思ったほど。伊勢うどんやカレーなど、お食事のメニューがとてもおいしそうだったのです。もちろん、コーヒーもおいしかったです。ステキなところでした。きっと、石神さんのお導きだったのでしょう。ありがとうございます!石神さんも、機会があれば、またいつか!!

クインテッサホテル伊勢志摩

お宿は、クインテッサホテル伊勢志摩。旅の間、ずっとお世話になります。

大浴場があること、素泊まりできること、プラス料金で朝食がつけられること、と気楽旅が好きな私の需要にぴったりマッチしたのです。

シックな内装で、従業員の方の感じもよく、朝食もおいしかった!お部屋のユニットバスを使うのはちょっと面倒くさいと思ってしまう私にとって、大浴場があるのはとっても楽でした。

移動が多かった初日。朝昼と、さんざんおいしいものを食べたので、夕食はホテルから車で5分ほどのところにあるイオン阿児店で、手こね寿司などのご当地グルメを買いました。お部屋で食べ、お風呂に入って、翌日の伊勢神宮外宮に備えます。

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村