伊勢志摩の旅 関東地方から

3泊4日の伊勢志摩への旅。

おかげさまで楽しく無事に行って帰ってくることができました。

旅のもようは、こちらから。 

www.nekoashifumino.com

www.nekoashifumino.com

www.nekoashifumino.com

www.nekoashifumino.com

ここで、旅のまとめを。

私は旅の前、伊勢志摩という土地にまったく馴染みがないので何がなんだかさっぱりわからず、調べてもピンと来ませんでした。こちら方面への旅を計画されている関東地方在住の方のご参考になれば幸いです。

 

 

旅のスタイル

まずはどのような旅にするか、旅の形態を選びます。添乗員さんがついてくれるツアーか、交通手段と宿泊のみのパックツアーか、それぞれバラバラに手配する完全なる個人旅行か。

 

ツアーの場合

ツアーの場合は、旅行会社のサイトまたは旅行代理店で申し込みます。

日数や交通手段、宿泊施設など、まとめて決めることができます。

お好みの条件にぴったりはまるものがあれば、断然便利かつお得です。

あらかじめ決めておきたいのは、必ず行きたい観光場所。それに合わせて宿泊地、出発時間などが決まります。

 

個人旅行の場合

個人旅行の場合は、自分で交通手段、宿泊、レンタカーなど、必要なものをそれぞれすべて自分で手配する必要があります。

今回、私は個人旅行にしました。

伊勢志摩は、関東地方からはちょっと行きづらい場所なので、すべて自分の思い通りにして悔いのない旅にしたかったからです。

とはいえ、今回だけでなく、自由命!の私は常にこんな旅なのですが。

きちんと順序立てて行えば、個人旅行の手続きは、そう面倒なものではありません。

まずは必要事項をリストアップ。

  1. 交通手段を決める
  2. 宿泊場所の予約
  3. レンタカーの確保(利用する場合)
  4. 大まかな旅程を考える

 

個人旅行の交通手段

今回は、新幹線で名古屋まで行き、鳥羽までは在来線、という方法にしました。

 

東京~名古屋

まずは、新幹線です。確実に座りたいので、指定席にします。

f:id:nekoashifumino:20140719122105j:plain

こだまだと約2時間40分、8,300円。

のぞみだと約1時間40分、10,090円。

少しでも移動時間を短縮したかったので、のぞみをチョイス。

 

名古屋~鳥羽

調べたところ、名古屋から伊勢志摩方面へはJR線の快速みえに乗るか、近鉄線の特急に乗るかの2択であることがわかりました。

JRの快速みえだと、名古屋から鳥羽まで約2時間、2,970円(指定席利用の場合)。

近鉄の特急だと、名古屋から鳥羽まで約1時間40分、3,030円。

こちらも移動時間縮小のため、近鉄を利用することに。

チケットは予約をすることもできるのですが、「時間に縛られたくない」という理由で、その都度購入しました。

予約しておくと楽ではありますが、「あと何分!」と焦るのが嫌なのです。列車の旅には、ハプニングがつきもの。遅延したり、急にお手洗いに行きたくなったり、気になるお店を覗きたくなったり。気の向くままに行きたかったので、あらかじめ時刻表を調べておおまかな予定を立てておいて、その場その場でチケットを買いました。

年末年始や夏休みなどのハイシーズンでなければ、それで問題ありません。

快速みえも近鉄特急も、伊勢市駅と鳥羽駅に停車します。伊勢志摩方面へ行くには、降車駅を2駅選べるのです。

私がなぜ鳥羽にしたかというと、鳥羽駅周辺の方が、にぎやかそうだったから。帰りの列車までの時間つぶしが楽しそうだと判断したからです。それから、海のすぐそばだから。私は海が好きなのです。

 

個人旅行の宿泊場所

次に、宿泊地を選びます。私は鳥羽か志摩にしようと決めていました。

その場所で、泊まるのを観光ホテルにするか、温泉のある旅館にするか、ビジネスホテルにするか、選びます。

私はビジネスホテルのようなシステムが好きなので、その条件で調べて、クインテッサホテル伊勢志摩に決めました。結果的に、志摩に宿泊することに。

 

あらかじめ泊まりたい宿が決まっていない場合は、地域を広範囲にざっくり決めておいて、その中からご自分の条件に合う宿を探すとスムーズかと思います。

 

個人旅行のレンタカー利用

レンタカーは、事前に予約しておくべきです。

以前、別の地域へ旅した際、レンタカー屋さんで私が手続きをしていたとき、飛び込みで別のお客さんが来たことがありました。すると、「ご予約がないとご用意できません」と言われてしまっていました。その方は、別のレンタカー屋さんの場所を教えてもらっていたので、そこで借りられたのかもしれませんが、どうなったのだろう?もしもレンタカーを利用すると初めから決めているのでしたら、ご予約されることをお勧めします。

 

個人旅行の旅程

いくら自由気ままな旅とはいえ、旅の予定はある程度立てておいた方がよいでしょう。

私の今回の旅における最重要ポイントは、お伊勢参り。外宮と内宮へしっかり参拝できるように、早朝動くことができる2日目と3日目にそれぞれの予定を入れました。そういった不動の希望がある場合は、それを中心とした旅程を考えるといいと思います。

私がどのように旅の予定を決めたかを、解説します。

1日目

鳥羽到着予定がお昼ごろだったため、観光しながらお昼を食べ、そのまま宿周辺へスムーズに行くことができるようにしました。

f:id:nekoashifumino:20190204120721j:plain

鳥羽駅

パールロード(風景とドライブを楽しみながら、宿泊地である志摩まで行くことができる)

鳥羽展望台で昼食(パールロード沿いにあるので、無駄がない)

石神さん(神明神社)へ参拝(こちらもパールロードからのアクセス良好のため)

*混雑のため、回避

海の博物館でお茶(石神さんを諦めたため、急遽。昼食前にパールロード途中で見つけた場所で、少し戻るけれど、そこまでのロスはないと判断)

クインテッサホテル伊勢志摩(宿泊地)

 

2日目

f:id:nekoashifumino:20190204120909j:plain

伊勢神宮外宮

猿田彦神社(元々行く予定だったが、いつかは決めていなかった。外宮に行く途中に見つけ、場所が分かったので)

倭姫宮(徴古館と同じ敷地にあるのを発見。予備知識なし)

徴古館(こちらも元々行く予定だったところ。内宮よりも歩く距離が少ない外宮と組み合わせたかった)

伊雑宮(たまたまホテルの近くにあると知ったから)

横山展望台(ホテルに戻る途中に標識を見つけたので)

浜島(展望台から見えた道を行き、偶然たどり着いた)

 

3日目

 f:id:nekoashifumino:20190204123124j:plain:h600

伊勢神宮内宮とおはらい町

月読宮(行く予定だったところ)

賢島エスパーニャクルーズ(時間が余ったので。ホテルから近くて便利だった)

賢島駅(クルーズ船乗り場から近かった)

 

4日目

f:id:nekoashifumino:20190204125614j:plain:h600

鳥羽水族館(駅から近いため。予定通り)

振り返ってみると、あらかじめ決めておいた場所は1日1~2か所で、あとは行き当たりばったり感が満載です。個人旅行の場合は、時間が自由なため、観光地1か所の所要時間が長かったり短かったり。まったく読めないのです。なので、執着せず、その時その時で楽しめるようにするとよいでしょう。予定になかった場所ほど、なぜか楽しかったりします。

 

伊勢志摩の旅 関東から

関東地方から伊勢志摩へ行くのは、結構たいへんでした。

東京を7時10分発ののぞみで出発し、鳥羽に着いたのは11時34分。

新幹線1本で行くことができる京都、大阪、神戸など、ほかの観光地と比べると、乗り換えがある分、時間がかかるのです。

しかし、そのせいか、伊勢志摩は守られた土地であるように感じました。昔、倭姫命が天照大神をこの地に祀ると決めたとき、現在のような道路や鉄道はなかったのに、もしかしたら先を見越してここにしたのでは?と思えるほど、落ち着いて静かで、風光明媚な場所でした。

ぜひ、一度は訪れていただきたい場所です。やっぱりちょっと遠いけれど、また行きたいです。

 

↓ブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村