山下公園周辺だけで1日過ごす横浜散歩~ホテルニューグランド編

横浜へ行ってまいりました。

今回のお出かけの目的は、ホテルニューグランドでの昼食と、氷川丸。

あとは気ままにのんびり横浜をお散歩するという、きわめてゆるいプランで出発したのでした。

ホテルニューグランドと氷川丸がある山下公園界隈は、私の中での「ザ・ヨコハマ」。

今回は、ホテルニューグランドのお話です。

 

 

ホテルニューグランド発祥のお料理

いざ、ホテルニューグランドへ!

f:id:nekoashifumino:20190613105455j:plain

歴史あるホテルです。

本館の1階にあるコーヒーハウス「ザ・カフェ」に入ります。

f:id:nekoashifumino:20190613105947j:plain

窓際のステキな席に案内されました。ラッキー!

窓の外には緑豊かな山下公園が広がります。

ここには、ホテルニューグランドが発祥のお料理があるのです。

  1. シーフードドリア
  2. スパゲッティ ナポリタン
  3. プリン・ア・ラ・モード

あぁ、どれも魅力的。

メニューを見て迷ったけれど、ここは初志貫徹で!

かねてより、「ホテルニューグランドのナポリタンを食べてみたい!」と思っていたのです。

 

ナポリタンと私

いまや日本の洋食を代表するナポリタン。

実は幼少のころの私は、ナポリタンがあまり好きではありませんでした。

しかし数年前、ナポリタンを食べる機会があり、恐る恐るチャレンジしてみたところ、そのおいしさに開眼。 

外食だけではなく自分でも作るようになるほど、大好きになったのでした。

私のお気に入りのナポリタンの作り方は、こちらでご紹介しています。

 

www.nekoashifumino.com

 

その昔、私が食べたものは当時の私にとってものすごく油っぽく、一口食べるなりウッ!となったのでした。

そしてそのまま、トラウマに。

もはやどこで食べたのかも思い出せないそのナポリタンと私の味覚の相性が悪かっただけのお話だとは思うのですが…

その失われた長きにわたる反ナポリタン期を取り戻すべく、今になってせっせと食べている次第です。

遅れてきたナポリタン新人の私の憧れは、もちろんホテルニューグランドのナポリタン!

絶対的王者に対峙する記念すべき日が、ついに訪れたのでありました。

 

ホテルニューグランドのナポリタン

f:id:nekoashifumino:20190613110454j:plain

ナポリタンと食後のコーヒーを注文して、待つことしばし。

優雅に窓の外を眺めるふりをしつつ、ワクワクが止まりません。

これまで、何度もここでナポリタンを食べようと試みたことがあったのですが、いつも大人数の方が待っておいでだったため、諦め続けるばかり。

今回はこれまでの教訓を胸に、早めの時間に入店したのでした。

さあ、いよいよ、待望のナポリタン登場です!

f:id:nekoashifumino:20190613110705j:plain

さすがはホテルのナポリタン、味付けはケチャップではなく、トマトソースです。

なんでも、戦後に日本へやって来たアメリカ兵たちが、スパゲッティにトマトケチャップをかけておいしそうに食べていたのを街の人々が目撃し、喫茶店で出されるようになったのが、ナポリタンのはじまり。

そしてそれは、いつの間にか人気メニューに。

そのことを知った当時のシェフが、ホテルならではの改良を重ねて完成させたその料理を、「スパゲッティ ナポリタン」と命名したのだそうです。

そんな歴史とともに味わったナポリタンは、とてもおいしかった!

サービスと雰囲気も最高で、すばらしい時間を過ごすことができました。

ちなみに、紅茶とコーヒーは、おかわり自由です。太っ腹!

あまりの居心地の良さに、うっかり午後いっぱいをその場所で過ごしてしまいそうになりましたが、しばらく食休みをしたあと、後ろ髪を引かれつつお店を出ました。

すると、お店の外には大行列が!たくさんの人々が順番を待っておられました。

早く入ってよかったです。

 

ホテルニューグランド探検

食後は、ホテルの中を探検!

と言っても、宿泊客ではなくお食事しただけの人なので、パブリックスペースを静かに見て歩きました。

さすがに歴史あるホテルだけあって、貴重な写真や昔のメニューなどが展示されているスペースがあります。

こういうのが大好きな私は、じっくり見学。興味深い展示でした。

ザ・カフェの出入り口付近には、美しい階段がありました。

f:id:nekoashifumino:20190613115524j:plain

上ってみると…

f:id:nekoashifumino:20190613115649j:plain

素敵なロビー!

前述の展示によると、かつてはこのフロアがフロントだったもよう。

現在はブライダル関連で使用されているようです。

立派な大理石の柱と、美しい天井の細工、吊り下げられているランプも味わい深いデザインです。

f:id:nekoashifumino:20190613120414j:plain

こんな和洋折衷の感じもステキ。

f:id:nekoashifumino:20190613115716j:plain

足もとには、フカフカのじゅうたん。

f:id:nekoashifumino:20190613120350j:plain

あぁ、なんてすばらしいのでしょう。

f:id:nekoashifumino:20190613120856j:plain

こちらは中庭。静かで、優雅な雰囲気です。

f:id:nekoashifumino:20190613121925j:plain

本館は、近代産業遺産なのだそうです。

近代産業遺産とは、日本の産業近代化の過程を物語る存在として経済産業省が平成19年度および20年度にまとめたもの。建築物、機械、文書の歴史的価値を顕在化させ、地域活性化に役立たせようとするもの、とのこと。(経済産業省ホームページを参照)

f:id:nekoashifumino:20190613122639j:plain

山下公園から眺めるホテルニューグランド。

いいなぁ。

 

撮影場所や物語の舞台になった作品たち

ホテルニューグランドは、さまざまな映画、音楽、小説、テレビコマーシャル、ドラマの撮影場所および舞台になっています。

www.hotel-newgrand.co.jp

サザンオールスターズの名曲『LOVE AFFAIR~秘密のデート』に登場する、

♪シーガーディアンで~酔~わされて

のシーガーディアンは、ここにありましたか。

テレビコマーシャルとドラマはあまり見ないのでわからないのですが、映像作品で唯一知っているのは、三谷幸喜監督の映画、『THE有頂天ホテル』。

あのシーンは、ここで撮影されたものだったのか。

私がもっとも印象深いのは、浅田次郎氏の小説『シェエラザード』。

 

これを読んでからホテルニューグランドと氷川丸に行くと、また別の視点で見学できるのでは?

「わー、すごい!きれい!楽しい!」だけではない何かを得ることができるはず。

注)個人の感想です。

 

ホテルニューグランドを楽しんだあとは、山下公園へ。

「山下公園周辺だけで1日過ごす横浜散歩~氷川丸と港町横浜編」に続きます。

 

アクセス・情報

ホテルニューグランド 神奈川県横浜市中区山下町10番地

みなとみらい線「元町・中華街駅」より徒歩1分

JR根岸線「石川町駅」より徒歩13分

 

コーヒーハウス ザ・カフェ 

営業時間 10:00~21:30(ラストオーダー21:00 *コースは20:30)

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村