山下公園周辺だけで1日過ごす横浜散歩~氷川丸と港町横浜編

山下公園周辺をめぐる横浜散歩。

ホテルニューグランドで過ごしたお話は、こちらからご覧ください。

 

www.nekoashifumino.com

 

続いては、山下公園へ。ようやくお散歩へ出発です。

 

 

山下公園

山下公園は、横浜のシンボルと言えましょう。

f:id:nekoashifumino:20190613122136j:plain

私の大好きな公園です。お花がきれいに咲いていました。

この公園は、関東大震災の復興事業としてつくられました。

震災後、横浜市内のがれきを海に埋め立てることによってできたそうです。

戦後アメリカ軍に接収されたものの、解除後にはさらに整備が進み現在の姿となりました。

いろんな歴史をくぐりぬけてきた山下公園。

今は芝生広場で小さな子や犬たちが遊ぶ平和な風景が広がります。

ありがたいことです。

 

日本郵船氷川丸

いよいよ第2の目的地、氷川丸に乗船!

f:id:nekoashifumino:20190613122407j:plain

船内に受付があるので、乗船後に入館料を支払います。

いざ、出発!

f:id:nekoashifumino:20190613123224j:plain

すぐに廊下が。映画『タイタニック』に出てきそうです。

この廊下、私はなぜかまっすぐ歩けず。おかしいな、なんだろうな?とは思ったものの、気にせず進みます。

f:id:nekoashifumino:20190613123743j:plain

一等食堂。ここでも、メニューをしみじみ読む私。

f:id:nekoashifumino:20190613124532j:plain

一等食堂入り口の階段にあるこの意匠、ステキだな、と思って見ていたら…

これは、さいたま市にある氷川神社の神紋「八雲」なのだそうです。

日本郵船には旧国名や山、神社の名前を船につける伝統があったのだとか。

f:id:nekoashifumino:20190614122234j:plain

氷川神社!知っている場所にゆかりがあると、なぜか一気に親近感が湧くものです。

氷川丸からの眺め。

f:id:nekoashifumino:20190613130315j:plain

横浜の港を一望。右にはベイブリッジが見えました。

f:id:nekoashifumino:20190613130422j:plain

こちらは、山下公園方面。

f:id:nekoashifumino:20190613130538j:plain

みなとみらい方面。

このあたりで、やはりおかしいぞ!と思い始めた私。

乗船直後に廊下で感じた違和感は、なんと船酔いだったのです。

実は、見学中にも「まさか」「乗船直後なのに」「静かな港に係留中の船なのに」「大きな船なのに」と密かに思っていたのですが、ついに船酔いを認めざるを得ない状況に。

以前、氷川丸を見学したときは船酔いなんてしなかったのに…

というわけで、見学はここで終了。

船長室と操舵室、見たかった…(涙)

 

氷川丸の歴史

私が氷川丸に思い入れがある理由は、その歴史にあります。

もともとは、日本郵船が貨客船として建造した氷川丸。

日本が誇る最新鋭の船としてシアトル航路に華々しくデビューし大活躍。

それが戦時中には海軍特設病院船として徴用された上に3度も機雷に触れたものの沈没を免れ、戦後は引き揚げ船となり、最終的には貨客船に復帰という、特異な経歴をお持ちなのです。

自分の本来の役割とは思えない場所でもきちんと仕事をして多くの人々の役に立ち、最終的には本来のフィールドへ戻ることができた氷川丸。

その生きざま(?)から、人生のヒントを得ることができるような気がします。

氷川丸は戦前に建造された貨客船のうち、現存する唯一のものなのだそうです。

2016年には、重要文化財に指定されました。よかったね。

 

 

横浜クルーズ

山下公園には、クルーズ船およびシーバスの発着所があります。

優雅にクルーズを楽しもうか、シーバスで横浜駅に行くのもいいな、と思ってはいたものの、諸事情により断念。

そもそもそんな諸事情に関係なく、私は乗り物酔いしやすいので、なかなかその計画を実行に移すのは困難なのですが…

残念!

船に強い方は、ぜひ。

 

カフェ・ド・ラペ

山下公園で船酔いをさまし、元気になってからしっかりお散歩したら、のどが渇きました。

f:id:nekoashifumino:20190613144651j:plain

山下公園から道を渡って、カフェ・ド・ラペでひとやすみ。

グレープフルーツジュースが、体にしみわたりました。

メニューを見たところ、このお店でもナポリタンを出しているそう。

気になる…さすがに食べませんでしたが。

ナポリタンは、もはや横浜のご当地料理といっても過言ではないでしょう。

 

港町横浜

歩道で見つけたタイル。

f:id:nekoashifumino:20190613152939j:plain

横浜の名所や名物が描かれています。

f:id:nekoashifumino:20190613152949j:plain

人物のシルエットは、源頼朝でしょうか?

山下公園の周辺を歩き回っただけで、あっという間に1日が過ぎました。

ほかにもたくさん見どころがあるのに、狭い範囲だけでこんなに楽しめるなんて。

港町横浜、おそるべし!

 

崎陽軒のお弁当

帰りに、崎陽軒のお弁当を買いました。

f:id:nekoashifumino:20190613185805j:plain

「初夏」という、いかにも期間限定感漂うお弁当。

f:id:nekoashifumino:20190613185841j:plain

シュウマイと、いろんなおかず、炊きこみごはんのお弁当でした。

横浜といえば、崎陽軒のシュウマイ!

帰宅後も、しっかり横浜を楽しむことができたのでありました。

 

アクセス・情報

氷川丸 神奈川県横浜市中区山下町山下公園先

みなとみらい線「元町・中華街駅」より徒歩3分

JR根岸線「石川町駅」・「関内駅」より徒歩15分

開館時間 10:00~17:00(最終入館16:30)

休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)

 

カフェ・ド・ラペ 神奈川県横浜市中区山下町2番地産業貿易センター2F

みなとみらい線「日本大通り駅」より徒歩3分

JR根岸線「関内駅」より徒歩10分

営業時間 10:00~21:00(ラストオーダー20:30)

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村