ハプスブルク展と上野動物園のシャンシャン

上野へ行ってまいりました。

おめあては、国立西洋美術館で開催中のハプスブルク展(2019年10月19日~2020年1月26日)と、上野動物園のパンダ、シャンシャンです。

 

 

国立西洋美術館

まずは、国立西洋美術館へ。

f:id:nekoashifumino:20191121094233j:plain

国立西洋美術館

国立西洋美術館の建物は、ル・コルビジェの建築作品として、世界文化遺産に登録されています。

その登録直後、同じく上野にある東京都美術館へ展覧会を見に行った私。

国立西洋美術館の横を通ったら、長蛇の列になっていました。

話題になるとこんなにも人が集まるものなのか、と驚愕したことを覚えています。

今回は混雑も混乱もなく、スッと入場することができました。

f:id:nekoashifumino:20191121094257j:plain

カレーの市民と考える人

美術館前の庭園には、ロダンの作品「カレーの市民」と「考える人」が。

左が「カレーの市民」、右が「考える人」です。(わかりにくいですが…)

 

ハプスブルク展

f:id:nekoashifumino:20191121094135j:plain

ハプスブルク展

企画展「日本オーストリア友好150周年記念 ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」。

ハプスブルク家といえば、ヨーロッパ史を語るには欠かせない名家です。

数々の著名な歴史上人物を排出しています。

もっとも有名なのは、ご存知ビッグママ、女帝マリア・テレジアとその娘のうちのひとりであるマリー・アントワネットでしょうか。

それから、美貌の皇后エリザベト。(ハプスブルク家にお嫁にきて、いろいろあった方ですが、ハプスブルク家の一員ではあります)

高校生のころに好きだったハプスブルク家の物語ですが、今となってはすっかり忘却の彼方。

領土の変遷の地図とその時代の統治者がわかる年表を見ながら見学したかった…

それらは順路の最後の方に展示されていたのですが、もう少し早い段階で見せてくれていたら、もっと理解が深まったことでしょう。

それでも、広大な領地を長年にわたって統治したハプスブルク家ならではの、壮大な物語を楽しむことができました。

 

上野動物園のシャンシャン

続いて、上野動物園へ移動。

f:id:nekoashifumino:20191121123033j:plain

郵便ポストもパンダ!

上野動物園近くの郵便ポスト。パンダのデザインに、わくわく。

シャンシャン、いるかな?

f:id:nekoashifumino:20191121125103j:plain

上野動物園のシャンシャン

いました!かわいい…

f:id:nekoashifumino:20191121125127j:plain

おしりもかわいいシャンシャン

あまりのかわいらしさに悶絶。

私の隣にいらした見知らぬ女性と「ほんとにかわいいですね!」と盛り上がってしまったほど。

「立ち止まらないでください!」という係の方の声を聞いた瞬間、ふと小学生のころ初めて上野動物園でパンダを見たときのことを思い出した私。

あのときも、「立ち止まらないでください」と言われたのです。

パンダの鉛筆とノートを買ってもらったのに、かわいくてもったいないと感じ、使えなかったことなどを思い出したのでした。

歩きながらパンダを見た小学生の私と、すっかりおとなになってしまった現在の私が交差した、不思議な時間でした。

いつの時代も大人気のパンダ。

私が訪れたときはなぜか空いていて、あまり並ばずに見られました。

それならもう一度並んでシャンシャンを見よう!とパンダ舎を出て入り口方面へ進んだところ、そこには長蛇の列が!!

その列に並ぶ勇気のない私は、シャンシャンとの再会を泣く泣く諦めたのでありました。

空いている時間に見られてよかったです。

比較的人が少ない時間帯は、お昼どきではないかな、と思います。

 

ハプスブルク家の栄華と愛くるしいシャンシャンを満喫したあとは、上野公園を散策することに。

次回、「彰義隊と西郷どん」へ続きます。

 

アクセス・情報

国立西洋美術館

東京都台東区上野公園7-7

JR各線「上野駅」公園口より徒歩1分

京成電鉄「京成上野駅」より徒歩7分

東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」より徒歩8分

www.nmwa.go.jp

 

上野動物園

東京都台東区上野公園9-83

JR各線「上野駅」公園口より徒歩5分

www.tokyo-zoo.net