断捨離入門

私はお片づけが大好きです。わりと、なんでもポンポン捨てられる方かと思います。収納しきれない分は捨てる。なので見た目は片づいています。しかし、実際はどうなのだろう?

ある日、お友だちから「断捨離」をすすめられました。「断捨離」というコトバは、もちろん知っていた私。お片づけ術のひとつでしょ、と思っていたのですが、友人曰く、「断捨離は、単に捨てることにあらず」。それに衝撃を受けた私。断捨離への新たな扉が開きました。

私が断捨離を始めた理由

冒頭に記したとおり、私はお片づけが好きです。

  • モノは外に出さない
  • モノを床に置かない
  • 入りきらないものは処分する
  • 好きではないモノは持たない

など、自分なりのルールを守り、お片づけにいそしんできました。見た目はきちんと片づいているし、それなりに気分良く暮らしていたのですが、どこかすっきりしないような気がしていたのです。

ある日、友人とのやりとりで、私が「お勤め時代に愛用していたコートと靴を処分したいけれど、なかなかできない。もう使わないけれど、高かったし」というようなことを言ったところ、友人が、「高かったものを捨てても、手持ちのお金が減るわけではない」 と言ってくれたのです。なるほど!目から鱗がボロボロ落ちた私。早速、断捨離に取り組むこととなりました。

断捨離とは

断捨離の提唱者であるやましたひでこさんのご著書やメルマガで、早速断捨離について学び始めました。

そこから私が得た断捨離の心得は、「今の私を大事にすること」でした。昔好きだった、とか、将来必要かも、とか、過去や未来にとらわれず、現在の自分に必要かどうか、好きかどうか、を重視するのです。前述の価格のことで言えば、金銭的に高価なモノだとしても自分にとって価値が高いものとは限らない、ということ。今の自分が不要だ、好きではない、と思うモノを大切に持っている意味はないのです。ご機嫌で楽しく生きるために、自分がいいと思うモノを厳選する。そこを目指してゆきます。

引き出し一つの小宇宙

まずは引き出し一つから始めてみましょう、というやましたさんの提案に従って始めたところ、出てくるわ出てくるわ。こんなに小さなスペースに、よくもここまで。もしかして、どこか別の世界につながっていた?と疑いたくなるほど、たくさんのモノたちが。引き出し一つを全部ぶちまけて、一つずつチェック。

f:id:nekoashifumino:20190203154547j:plain

クリップ一つ、消しゴム一つ、それぞれ手にとって、分別します。いるいらないの基準は、今の私にとって必要か否か。クリップは、いつか使うかも、とずーっと入っていたままでした。消しゴムは、学生時代に使っていたもの。ペンケースごと入っていたのですが、もう何年も使っていませんでした。現在の私が勉強会やセミナーに参加するときは、手帳と多色ボールペン一本で十分です。ペンケースごと処分。

このように、これまで好き嫌いに関係なく持っていたモノって、とても多いのです。好き嫌いに関わると、私の場合はすぐに決断できるのですが、ただ持っていたモノは、存在自体を忘れがち。そこにいるのが当たり前で、自然と見慣れた風景に溶け込んでいるので、処分対象になることなく、何年も、下手すると何十年も持ち続けているのでした。小学生のころから持っているメモ帳を見て、改めてビックリ。こんなに長い間、私に使われることなく、場所を移されながらここまで残っていたのね、と思うと、なんだか切ない気持ちになりました。

断捨離のマインド

断捨離をすると、いやでも自分自身と向き合うことになります。ほとんど使っていない高価な美顔ローラー。本体はとっくに手放したのになぜか残っている取扱説明書。もったいないとため込んでいたメモ帳の数々。そういったモノたちが、自分のことを教えてくれていました。例えば、

  • 美顔ローラーがあれば、美しくなれる
  • 取扱説明書は大切だから、しまっておかねば
  • かわいいメモ帳を使うのはもったいないから、そのへんの紙の裏にメモしよう

これが、私がため込んでいたモノたちの存在理由です。そこから見えてくるのは、

  • 使うのが面倒くさいなら、美顔ローラーを持っている意味はない
  • 取扱説明書は、使い方を覚えたら不要
  • メモ帳は使わない方がもったいない

ということ。つまり、

  • 美容器具はどうせ使わないのだから買わない
  • 取扱説明書は、さっさと処分する
  • メモ帳は消耗品ととらえて、使い切るべし

という、自分にとっての大切な教訓を得ることができるのです。これは、「捨てて、ああさっぱり」の、ただのお片づけにはありません。

モノがなぜ必要なのか(または不要なのか)理由を知ることで、己を知る。おのずと自分と向き合って、そこから得たものを生活に活かす。すると、暮らしの質がどんどん上がる。これが、断捨離の精神であると、私はとらえます。

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村