『服を買うなら、捨てなさい』を読んで服を減らしてみた

絶賛断捨離中の私。

私にとって、お洋服や靴、バッグなどのファッション関係は、なかなか手ごわい部門です。

だって、やっぱり買ってしまうから。せっかく減らしても、どうしてもまた買ってしまうのです。例えば家具なら、一度買えば壊れない限り買い替えることはめったにありません(私の場合は、ですが)。でも、ファッション関係のものは、ついつい買ってしまう。

どうしても流行に左右されてしまうし、年齢、髪形、体系の変化など、自分も日々変わってゆくのだから、それはそれで、しかたのないこと。

したがって、ファッション関係のモノたちは、定期的にリフレッシュするようにしています。

私がファッション断捨離の指針にしているのが、この本です。

『服を買うなら、捨てなさい』

スタイリストの地曳いく子さんのご著書です。

 

以前、お洋服を減らしたときのお話は、こちらからどうぞ。 

www.nekoashifumino.com

このときは、まだお片づけでした。

今回は、断捨離の精神で取り組みます。 精鋭のみを残すぞ!

 

 

『服を買うなら、捨てなさい』の教え

  • お洋服が増えてしまうのは「いつも同じ服装ではいけない」という思い込みのせい
  • 「お洋服をたくさん持っている=おしゃれ」ではない

とおっしゃる地曳さん。なるほど。

よく、女性向けのファッション誌で見かける、「1か月着回しコーディネイト」の企画。限られたお洋服で、いかにバリエーション豊かに見せるか、という内容です。

これ、ものすごく人気のある記事なのだそうです。いかに多くの人が、いつも違うものを着ているように見せるか、に力を注いでいるのかがわかります。

そして、私もまんまとその中のうちのひとりにカウントされていました。

 

いつも同じような格好ですけど、何か?

このブラウスとスカートの組み合わせ、最強!

そのカーディガンにはこのパンツ。

など、自分のお気に入りの服や、鉄板の組み合わせ、これさえ着ていれば、気分がいいのだ!というものが、いくつかあるとします。

それならそれで、正々堂々、そればかり着ていればいいのです。以上。

というのが、この本の主旨です。

f:id:nekoashifumino:20140412175539j:plain

できれば、そればかり着ていたいけれど、いつも同じ服だと思われたくないから、今日のところは、無難だけどイマイチなこれと組み合わせよう、は、なし。

おしゃれでいるということは、ダサいものを着ないこと。減点は最小限に抑えることが重要。

すなわち、下線を引いた、無難だけどイマイチな服とは、さよならしなさい、ということなのです。

バリエーションを多く見せたいがためだけに、おしゃれ度を低くするなんて、ナンセンス!

数が少なくても、いつも同じような格好になっても、自分に似合っていて、気分良くいられて、おしゃれに見える方が、ずっといい。

本当に、その通りだ。激しく納得した私。さっそく、手持ちのお洋服をチェックすることに。

 

残す理由

何を残すか?

  • 着ていて楽しい気分になるもの
  • すっきりして見えるもの
  • 着心地のよいもの
  • 買ったときの値段を気にしないもの

これらをクリアしたもの。

f:id:nekoashifumino:20190213104655p:plain

着ていて楽しい気分になるものは、そのままの意味で、とにかくこれを着ると楽しい!と思うもの。

すっきりして見えるというのは、私にとって、かなり切実です。私はあまり背が高い方ではありません。なので、少しでもすっきりすらっとして見えるように工夫しています。お洋服ばかりが目立つ、お洋服に着られている、なんて印象は、まっぴらごめんなのです。

着心地の良さも重要です。チクチクするとか、サイズの合わないものを着てきついとかゆるいとか、ストレスに感じることを我慢する精神力と体力は、私にはありません。

買ったときの値段を気にしないもの。これは、高かった、安かったに関係なく、そのもの自体が大好きでお気に入りだということ。

 

手放す理由

手放す理由は、残す理由に引っ掛からないもの。「〇〇だけど」がつくもの。

  • きれいな服だとは思うけど着て楽しい気分にならない
  • ステキだけど自分の体形に合っていない
  • 似合うけど着心地が悪い
  • 高かったけど気に入らない

f:id:nekoashifumino:20120729001949j:plain

特に、「〇〇だけど」がつくものって、手放しにくいのです。だけど、の前に良さそうに見えるコトバがつくから。ステキ、とか、似合う、とか。

でも、その良さそうに見えるコトバは、残念ながら自分にとっての真実ではありません。だって、そんなにいい理由があるのにもかかわらず、本当は好きではなかったり、実際に着ていなかったりするわけですから。

 

服を減らして数えてみた

減らしてみて、私の手持ちは何着になったのかを知りたくなりました。 

オールシーズン分、数えます。

  1. コート・ジャケットなどのアウター 6着
  2. ワンピース 8着
  3. カーディガン 3着
  4. シャツ・ブラウス(長袖・半端袖) 4着
  5. シャツ・ブラウス(半袖) 3着
  6. 長袖カットソー 2着
  7. 半袖Tシャツ 2着
  8. スカート 4着
  9. パンツ 6着
  10. ニット 6着
  11. スウェットパーカ 1着
  12. フリースハイネック 3着

計48着。残したものはすべて1軍スタメン選手です。したがってこれが、私の現時点における適量ということ。

スポーツウェアと部屋着、礼服はカウントしていません。

あくまで、ファッションとして楽しむためのお洋服の数です。

 

まとめ

これから、春になります。

新しい季節が来れば、新しいお洋服が欲しくなるかもしれません。

買い足しではなく、買い替え。

新入りを迎えるために、手持ちの誰かとお別れする覚悟はあるのか?

しっかり考えて、いつでもご機嫌なファッション環境を保ちます。

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村