愛でるボタン展と太田市図書館

群馬県太田市の、太田市美術館へ行きました。

f:id:nekoashifumino:20190118212837j:plain

「愛でるボタン展 〜アイリスのボタンづくり〜」が開催中。

太田市内のものづくりに携わる企業と協力した、「ものづくりシリーズ」の第一弾だそうです。今回の企業は、「アイリス」さん。なんでもボタンづくりで日本一のシェアを誇るのだとか。

私は、ボタンが好きです。お裁縫は得意な方ではありません。刺繍とか、○○ステッチとか、そんな高度な技を繰り出すことはできないのです。そんな私にとって、ボタンはつけるだけでいいから、簡単。ステキなものを見つけると、つい欲しくなります。ちょっと飽きてしまったシャツやブラウスも、ボタンを付け替えるだけで大変身、再びお気に入りに復活です。

この展示会では、ボタンの歴史を学ぶことができます。昔、さまざまな国で愛されたボタンたち。美しいものからおもしろいものまで、勢ぞろいです。

もっとも私の印象に残ったのは、「ジャポネスク」コーナーのボタン。日本髪で着物なのに、ヨーロッパ風の掘りの深い顔立ちに、胸元にはなぜか二連パール(?)のネックレス。という、謎の意匠がありました。笑いました!(もちろん、心の中で静かに)展示スペースは決して広くはありませんが、見応えじゅうぶんでした。 

2階には、さまざまなボタンがじゃらじゃら置いてあり、「お持ち帰りください」の文字が。もちろん、喜び勇んでいただいてきました!あれに付けて、これに付けて…夢が広がります。 

この展覧会は2019年1月14日まで開催。入場は無料です。 

美術館は、図書館の中にあります。

f:id:nekoashifumino:20190118212957j:plain

おしゃれ!まるでどこかのブックカフェのようです。これが市立図書館だなんて。うらやましすぎる。 

図書館の本って、「なぜにこのチョイス?」と首をかしげたくなることが、ままあります。しかしここは蔵書が豊富で、読んでみたい本がたくさんありました。 

館内にはカフェも併設されていました。私はコーヒーとキッシュをいただきました。撮影し忘れてしまいましたが、とてもおいしかったです。借りた本を読みながら一休みなんて、太田市民のみなさん、いいなぁ。 

立地も最高です。東武伊勢崎線太田駅からすぐ。駐車場もあります。図書館利用者に限り、3時間まで無料です。帰り際に係の方に申し出ると、処理していただけます。係の方は、ボタン展の入り口のところにいらっしゃいました。 

ご興味のある方は、ぜひ。 

↓ ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村