服の適量

先日、新しいお洋服を買ったので、収納スペースの関係上、手持ちのものを見直すことにしました。

お洋服の適量とは、なんなのか。考えてみます。

 

 

ミニマリストへのあこがれ

私は少し前に、ミニマリストに憧れた時期がありました。最小限のものをきちんと管理する暮らし。なんてステキ!

f:id:nekoashifumino:20140815024524j:plain

手近なところからと、まずはお洋服に取りかかりました。

古びたもの、着心地が悪いもの、合わせにくいもの、なんとなく好きではないもの。量を減らした上で不買運動を敢行したものの…

なんだかつまらない。

私が減らした数は真のミニマリストの方と比べれば、たいしたほどではないけれど、生活に潤いがなくなってしまったよう気分になってしまったのでした。

そこで気がついたのは、出ていくだけではつまらない、ということ。

そこで、複数枚減らしたら1着手に入れる、または、その逆で1着手に入れたらすぐに複数枚手放す、という、inよりもoutの割合を高くすれば、手に入れてもいいという新たなルールを作りました。

ミニマリストさんって、おしゃれな方が多いような気がして、結局は私が勝手に憧れていただけでした。数は少なくても定番の質の良いものを大切にする、というイメージ。

でも、私の持ちものに対する姿勢は、ちょっと違うようです。うまくいかなかった理由はそこにあったか。

 

最終的に、私は私の基準でほどよい数を持てばよい、という結論に達したのでありました。

それでもむやみに数を増やさないよう、そして本当に好きなモノだけに囲まれて生きるために、マイルールを再確認してみます。

 

こだわり条件:お手入れ方法

私は洗濯が好きなので、なるべく洗濯機で洗えるものを買うようにしています。

f:id:nekoashifumino:20190213110254j:plain

お洋服を洗濯すればするほど、自分のものになっていくような感覚があるからです。

いちいちクリーニング屋さんに持って行って、また受け取りに行くのも面倒だし。ただのズボラなだけなのですが。

もちろん、コートなどの型崩れが心配なものは、プロにお願いしています。

 

こだわり条件:今の気分にマッチするもの

流行、年齢や髪形、気候など、世の中も自分も地球も、常に同じものなどありません。

去年までは大好きだったのに今年になったら違和感がある、髪を切ったら似合わなくなった、好みが突然変わった、体形が変わった、映画や雑誌に影響されて雰囲気を変えたくなった、なんてことはよくあるお話。

条件がつく服、例えば、好きだけどチクチクする、痩せたら着よう、など、○○けどがつくものや、たらればの服はさよなら。今すぐ着たいもの、だけです。

今は冬なのに、「これ、ステキ!夏になったら着たい」は、なし。半年後にまだそれをステキと思えるか否か、保証はできませんから。

 

こだわり条件:定番とは

ボーダーTシャツ、リトルブラックドレス、トレンチコートなど、定番といわれる服は、あまたあります。でも、例えばそれら3点は、私には必要のない服です。

なぜなら、似合わないから。着用する機会がないから。興味がないから。

定番というコトバに左右されず、自由に着たい服を着ましょう。

お買い物は楽しいけれど、処分するのはたいへん。特に、あまり活躍させてあげられなかったお洋服を処分するときの、あの気分と言ったら!

f:id:nekoashifumino:20160313135544j:plain

定番だから長く着よう、も要注意。

長く着るつもりで買ったのにすぐに飽きて、でも高かったからと手放せないなんて。そんな理由でしまい込まれるお洋服がかわいそう。

飽きるだけではありません。流行の変化が早い昨今。定番と信じて買ったものの、翌年になったらシルエットがどこか変、と感じることはありませんか?それを着ると「ちょっと古い人」のようになってしまうのは悲しいものです。

 

世の中の定番が、自分の定番ではないのです。そもそも、私には定番はありません。前述の今の気分にマッチするもの、だけです。

 

私にとっての適量

私の適量は、週に一度は着用する、つまり一週間でその季節のお洋服をすべて着ることができる量。今の気分を楽しみつつ、いろいろなコーディネイトで気分転換できる数。

f:id:nekoashifumino:20190213111403p:plain

着ていて楽しく、いい気分になれる、要するに、今の自分を大切にできる分だけ。

私は毎日違う服が着たい!と思う方は、無理に量を減らす必要はありません。

毎日同じでいいのであれば、似たようなものを数枚揃えて着ればいい。良いもの少なく、も、手ごろなものたくさん、も、どちらもいい。

適量は人それぞれなので、無理して減らすことはないと、私は思います。

 

モノが少ない=善

モノが多い=悪

では、決してありません。

 

適量は〇〇枚、という他者の基準に合わせる必要はないのです。多すぎるな、と思ったら減らせばいいし、足りないな、と思ったら足せばいい。

 

結局、量ではなくて、内容が大切なのです。

量が多くても少なくても、持っているものは自分の好きなものだけか?きちんと自分で管理して大切にできるものだけか?

持ち物について考えることは、自分の人生と向き合うこと。服の適量を決めることは、自分が本当はどうしたいのかを知る、いい機会なのです。

 

参考文献

『服を買うなら、捨てなさい』を、参考にしました。

お洋服を減らすだけでなく、もっとおしゃれになりたい方に、おススメです。

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村