住吉大社参拝~安倍晴明神社参拝と御朱印編

住吉大社参拝のための、1泊2日の大阪旅。

 

www.nekoashifumino.com

 

www.nekoashifumino.com

 

www.nekoashifumino.com

 

www.nekoashifumino.com

 

www.nekoashifumino.com

 

住吉大社参拝後は、阪堺電車に乗って天王寺駅前に戻ります。

でも、まだ帰りの新幹線までには時間がある。

どこかに寄ってみようかな、と阪堺電車の路線図を見ていたら、気になる場所を発見しました!

www.hankai.co.jp

安倍晴明神社と、阿倍王子神社。

あれ?安倍晴明神社って京都にもなかったっけ?

不思議に思いつつ調べてみると、京都にあるものとは別の神社でした。

安倍晴明の出生地には3つの説があるようで…

  1. 大阪説
  2. 讃岐節
  3. 茨城説

この中でも最有力なのが、大阪説なのだとか。

確かに、あの時代に京の都で活躍した人となると、大阪説が最も納得しやすい。

「讃岐はともかく茨城って…」と突っ込みたくもなりますが、諸説あるようです。

謎は残るものの、せっかくなので行ってみることにしました。

今回は、安倍晴明神社参拝のおはなしです。

 

 

安倍晴明

安倍晴明といえば、陰陽師!

野村萬斎さんの映画のイメージです(NHKで放送していたドラマ版の稲垣吾郎さんもよかったなぁ)。

どちらにしても、ステキなオトナの男性のイメージ。

映像のチカラってすごい。

そのせいもあってか、安倍晴明さんの人気は衰えることがありません。

そもそも、陰陽師という存在自体が謎めいて魅力的に思えるということもありますが。

不思議なことというのは、いつの時代も人を惹きつけるものです。

 

安倍晴明神社

阪堺電車を「東天下茶屋」で下車して、歩くこと約5分。

本当にこんなところに神社があるの?と、不安になるような住宅地の中に、安倍晴明神社はあります。

f:id:nekoashifumino:20200123114653j:plain

安倍晴明神社

鳥居の前は、あまり広くない生活感あふれる道路です。

見逃してうっかり通り過ぎてしまいそうな、なんだかとっても不思議な雰囲気の場所でした。

 

安倍晴明ゆかりのものたち

境内には、安倍晴明ゆかりのものがあります。

f:id:nekoashifumino:20200123114731j:plain

安倍晴明誕生地の碑

この石碑は江戸時代の文政年間に泉州堺の住人神奈辺大道心が建立したものです(現地案内板より)

 

f:id:nekoashifumino:20200123114741j:plain

安倍晴明公産湯井の跡

f:id:nekoashifumino:20200123114826j:plain

安倍晴明公像

f:id:nekoashifumino:20200123114929j:plain

安倍晴明神社の狛犬さま

私が個人的に気になったのは、狛犬さまです。

どことなくユーモラスな表情と、美しい前掛け(?)に心惹かれました。

拝殿を撮影したつもりだったのですが、なぜか写真が見つからない不思議。

 

安倍晴明神社占いコーナー

安倍晴明神社には、占いコーナーがあります。

受付時間は13時から16時30分までで、曜日ごとに毎日占い師さんがいらっしゃるとのこと。

占いは、四柱推命、手相、風水、西洋占星術、タロットカードなど、洋の東西を問わず多岐に渡るようです(その日の担当占い師さんによってメニューが変わります)。

とっても気になったけれど、私が訪れたのは午前中だったので断念。残念!

abeouji.tonosama.jp

それにしても、神社の境内に占いコーナーがあるとは!?

さすが、安倍晴明神社。なんとも粋な計らいです。

ご興味のある方は、ぜひ!

 

安倍晴明神社の御朱印

安倍晴明神社の御朱印です。 

f:id:nekoashifumino:20200131145451j:plain

安倍晴明神社の御朱印

二重の五芒星が特徴的です。

陰陽道では、五芒星は魔除けの印でしたね。

御朱印は、拝殿向かって左側にある社務所で。

 

安倍晴明神社は、阿倍王子神社の末社なのだそうです。

この2社はとても近くに位置するそうなので、もう少しだけ歩いて阿倍王子神社へ向かいます。 

 

アクセス・情報

安倍晴明神社

大阪府大阪市阿倍野区阿倍野元町5-16

阪堺上町線「東天下茶屋駅」より徒歩5分

abeouji.tonosama.jp