唐澤山神社と犬伏新町薬師堂

栃木県佐野市の、唐澤山神社と犬伏新町薬師堂へ行きました。

 

 

唐澤山神社

この鳥居の先に、駐車場とお手洗いがあります。

f:id:nekoashifumino:20190504120509j:plain:w600

唐澤山にはハイキングコースがあり、ここに車を置いて歩くことができます。

今回は車で上まで行く予定だったのでこのまま進み、上り切ったところにある大きな駐車場へ。

そこからしばらく歩くと、神社の入り口です。

f:id:nekoashifumino:20190504122849j:plain:w600

城跡に建つ神社。

元は、唐澤山城という山城があった場所です。

お城自体は江戸初期に廃城になり、明治16年(1883年)に本丸跡地に唐澤山神社ができました。

f:id:nekoashifumino:20190504123215j:plain:w600

元山城なので、じわじわと階段を上がって行きます。

f:id:nekoashifumino:20190504123308j:plain:w600

じわじわ。

f:id:nekoashifumino:20190504125851j:plain:w600

本殿は、本丸跡地。つまり、最も高い場所にあるのです。

f:id:nekoashifumino:20190504130204j:plain:w600

猫がくつろぐ、美しい拝殿前。 

f:id:nekoashifumino:20190504130346j:plain:w600

本殿は、輝く新緑の中に。

唐澤山神社の御祭神は、唐澤山城を築いた藤原秀郷。

平安時代中期、関東の国府を次々に攻略して自らを新皇と名乗ったため朝敵となった平将門を討った武将です。

 

唐澤山城跡

f:id:nekoashifumino:20190504130806j:plain:w600

本丸跡の周囲には、立派な石垣がありました。

f:id:nekoashifumino:20190504131005j:plain:w600

山城に石垣があるなんて!これはかなり珍しいのでは?

f:id:nekoashifumino:20190504131139j:plain:w600

三の丸では藤が見ごろでした。 

f:id:nekoashifumino:20190504131159j:plain:w600

休憩所からの見晴らし。

色鮮やかなつつじと新緑が美しかったので、ここで昼食にしました。

f:id:nekoashifumino:20190504133704j:plain:w600

たけのこご飯弁当。くい違い虎口を入って右側の唐澤山荘にて販売中。

4月から5月までの、期間限定です。美味!

 

竜神宮

f:id:nekoashifumino:20190504132404j:plain:w600

藤原秀郷には、平将門を滅ぼした以外にも逸話があります。

それは、大ムカデ退治の伝説です。

大ムカデに苦しめられた龍神様に請われ、退治に乗り出した秀郷。

f:id:nekoashifumino:20190504132359j:plain:w600

みごと大ムカデを仕留めた秀郷は、龍神様の守護を受けました。

愛の成就の神様なのだそう。縁結び以外にも、出世の御利益もあるそうです。

 

大炊(おおい)の井

直径9m、深さ8mの大きな井戸は、築城から現在まで涸れたことがないそうです。

f:id:nekoashifumino:20190504132532j:plain:w600

 

唐澤山神社の猫たち

唐澤山には、たくさんの猫たちがいます。

f:id:nekoashifumino:20190504131714j:plain:w600

みんな、おとなしくて人懐こくてかわいい!

f:id:nekoashifumino:20190504130010j:plain:w600

ボランティアさんたちに大切にされています。

f:id:nekoashifumino:20190504123101j:plain:w600

連れ帰ったり、猫を置き去りにするのはやめましょう。

f:id:nekoashifumino:20190504123709j:plain:w600

レストハウスで、猫のおやつを販売しています。

触れ合いたい方は、ぜひ!みんなとってもいい子たちでした。

 

唐澤山神社の御朱印

御朱印は、種類が多い!

f:id:nekoashifumino:20190504124357j:plain:w600

5月の、と書いてあるところから、どうやら御朱印は月替わりで変わるもよう。

社務所で希望の番号と自分の名前を書いた紙を御朱印帳と一緒に提出して、待つことしばし。

名前を呼ばれるので、社務所近くで待ちましょう。

f:id:nekoashifumino:20190505182252j:plain:h600

私は2番をチョイス。こんにちは、令和元年!

 

犬伏新町薬師堂

唐澤山神社を出発して、同じく佐野市内にある犬伏新町薬師堂へ。

f:id:nekoashifumino:20190504143403j:plain:w600

慶長5年(1600年)の関ケ原の合戦前に、真田父子(真田昌幸、信之、信繁)が東軍と西軍、どちらについて戦うかを議論した場所といわれています。

最終的には父親の昌幸、次男の信繁が西軍、長男の信之が東軍、それぞれ袂を分かつことになったのでした。

真田家の生き残りをかけて、苦渋の決断をした真田父子。

長男信之の妻(小松姫)は東軍の将、家康の養女(家康古参の家臣、本田忠勝の娘)を妻にしていたため、しかたのない決断だったのでしょう。

直接ではないにしても、親子、兄弟で戦うなんて。

喧嘩別れなどの勢いではなく、お互いにいがみ合った結果でもなく、そんなことをきちんと話し合って決めるなんて。

過酷すぎます。

f:id:nekoashifumino:20190504143238j:plain:w600

中へは自由に入ることができます。靴を脱いで見学しましょう。

 

私と雨と栃木県

空模様が怪しいな、と思っていたら、犬伏新町薬師堂に着いた瞬間から大粒の雨が降り出し、最終的には霰(雹?)が!

そういえば、以前太平山神社へ行った際も、帰る間際に雨が降ってきたのでした。

太平山神社参拝のもようは、こちらからどうぞ。

 

www.nekoashifumino.com

 

2回連続で、なぜか雨になってしまった栃木県訪問でした。

 

アクセス

唐澤山神社 栃木県佐野市富士町1409

自動車

東北道佐野I.C.より20分

北関東道佐野田沼I.C.より10分

無料駐車場あり

 

犬伏新町薬師堂 栃木県佐野市犬伏新町2060‐2

鉄 道 

JR両毛線「佐野駅」より徒歩10分

自動車

東北道佐野I.C.より10分

北関東道佐野田沼I.C.より15分

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村